SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

西武HD、AI音声認識 文字起こしシステム「AmiVoice MinutesWriter」を導入

2020/03/23 11:30

 アドバンスト・メディアは、提供するAI音声認識を活用したスタンドアローン型文字起こしシステム「AmiVoice MinutesWriter(アミボイス ミニッツライター)」が西武ホールディングスに導入されたことを発表。

【導入の背景】

 西武ホールディングスでは、これまでICレコーダーで録音した音声を確認しながら、議事録などの作成を行っていた。音声のテキスト化には多くの時間・人員を要すため、このような時間的・人的負担を削減し、社内全体の業務を効率化するべく、社内会議や決算説明会、社内行事などの幅広いシーンでAI音声認識を活用した文字起こしシステム「AmiVoice MinutesWriter」の導入へ至った。

【導入の効果】

 今回の導入により、議事録などの作成時間を最大3分の1に短縮し、文字起こしに要していた人員の削減が実現され、業務効率化につながっている。また、会議中に音声がリアルタイムでテキスト化されるため、参加者全員が会議に集中できるように。

 決算説明会の質疑応答やIRミーティングなどの音声は、質疑の要点を漏らさずテキスト化し、迅速に開示資料を作成する必要があり、業務負荷がとくに大きくなっていたが、導入後は、音声認識によって自動テキスト化された内容を、編集ソフト「AmiVoice Rewriter」を用いて修正することで済むように。結果、記録作成の担当者を3名から1名に省力化できたほか、記録作成業務の効率化により、情報開示を1営業日早められたなど、投資家対応の充実にもつながった。

 さらに社長訓示などの社内行事の音声をテキスト化するためにかかる時間が約3分の1になり、グループ全社への情報共有が迅速化。削減された時間は事実確認などに充てる事ができ、内容の質的向上にも貢献している。

 あわせて場所を選ばない運用を考慮し、超指向性小型スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」、マイク集約デバイス「AmiVoice Front HUB01」も導入。マイク設備の持ち運びが可能となったことで小会議室などでの活用の幅もさらに広がることが期待されている。

 今回の導入をもとに、西武ホールディングスでは西武グループ全体の業務効率化も視野に、音声認識活用の拡充が検討されている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5