SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

トライベック、xross dataにSansanとの顧客データ連携機能を追加 セグメント配信が可能に

2020/03/18 07:30

 トライベック・ストラテジーは、提供するマーケティングオートメーション「xross data」をSansan株式会社が提供するクラウド名刺管理サービス「Sansan」と連携したことを発表。Sansan上にある顧客情報や名刺に付与したタグ情報を自動でインポートし、施策の配信リストとして活用できる連携機能を提供開始する。

 これまで同社では、MAツール「HIRAMEKI management」と「Sansan」とのサービス連携を提供していたが、昨年より新たにサービスラインナップに加わった「xross data」および非EC業態向けプラン「xd.TARGET」についても、今回新たにSansanとの連携機能を実装。今回の連携では、Sansanに蓄積される名刺データの自動/即時での連携のほか、名刺に付与された分類タグ、担当者といった情報もあわせてMAツールに反映されるようになる。

 施策面では、リードに向けたオンラインでのメール配信だけでなく、xross dataが連携しているサービスを介してパーソナライズされたダイレクトメール(DM)を発送することや、スコアが引き上がったリードを検知して担当者へ通知するなど、マーケティング・セールスの各プロセスでの活用が可能になる。

 同連携機能は、xross dataおよびxd.TARGETとSansanの両サービスを導入している企業が無料で利用可能。また、今後予定されているMAサービス統合・再編後の「HIRAMEKI  target」「HIRAMEKI commerce」の両プランでも引き続き利用することができる。

 今後は、訪問・架電などのコンタクト情報をはじめとしたSansan上のCRMデータとの連携を強化していく予定。

xross dataとSansanの連携イメージ
xross dataとSansanの連携イメージ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5