SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

セールス・イネーブルメントを“内製”で成功させるコツ

2年で人員倍増! 営業メンバーが増えても「強い組織文化」を維持するコツ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 本連載では、ネット不動産投資サービスブランド「RENOSY」の開発・運営や、SaaS型のBtoB PropTech(不動産テック)プロダクトの開発を行っているGA technologiesで執行役員を務める農里将司さんが、自社の実例をもとに「内製でセールス・イネーブルメント組織を立ち上げるコツ」を紹介していきます。第5回では「強いセールス組織の文化醸成と維持」について解説します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

セールス・イネーブルメント担当者は、必ず採用と連携を

 セールス・イネーブルメントの取り組みが軌道に乗り、中途入社者の売上や離職率に良い結果が現れると「セールス社員の採用を加速したい」と考える会社も多いでしょう。GA technologiesでも、2021年1月に64名だったRENOSYマーケットプレイス事業のセールスは、2023年7月には111名と、2倍近く増加しています。

 一方で、「積極採用はしたいものの、急な人数増加をすると組織文化が変わってしまうのでは」と懸念される企業は多いと思います。たしかに、むやみに人を増やしてしまえば、それまでの文化が変わってしまう可能性は高いでしょう。しかし、GA technologiesでは、こうした急な人員増加で創業時から文化が変わったことはありません。それどころか、OpenWorkの2023年ランキングでも「士気が高い会社」5位にランクイン(※)しています。

中途入社者が選ぶ「社員の士気が高い企業ランキング」(2023年12月20日発表)

 今回は、「強いセールス組織の文化醸成と維持」について考えてみたいと思います。

組織文化は“根気強く”つくり上げる努力が必要

 前提として、組織文化の醸成は一朝一夕にはいきません。中途入社者に“自社の組織文化”についてインプットする前に、まず自社がどんな文化を持っていて、それを良しとしているか、すぐに答えられるでしょうか。

 もし「自社がどんな文化を理想としているかわからない」「社内に、バリューやクレドと呼ばれるような指針がない」という場合、まずはそれらを策定することを強くおすすめします。そのためには経営陣がしっかり話し合い、自社の文化を表す行動、今後も変わることなく大事にしたい考えなどをわかりやすい言葉でまとめ、標語として飾るだけでなく折に触れて行動を促すことが必要です。

 GA technologiesでは、創業から大切にしている「GA GROUP SPIRIT(以下、GAGS)」という9つの価値観があります。これを事業部長や部長など、いわゆる上位の役職者から実践することを創業時から徹底しています。「組織がどんな文化になるか、どの方向に進むかは、すべてリーダーのあり方次第」という考えのもと、役職が高い人間こそGAGSに沿った言動をするように常に互いに指摘し合っています。

 また、GA technologiesでは新卒採用との連動も重視しています。日ごろから「会社のDNAを受け継ぐのは新卒である」と社内に発信をしており、新卒が中心となってカルチャーを紡いでいこうという風土があります。新卒採用要件に「GAGSを体現していること」を組み込んでいるため、入社後も違和感なく馴染んでくれ、部署内でも積極的に声かけをして良い雰囲気をつくり上げてくれています。

 こうした上位役職者と新卒が牽引する文化に「巻き込まれてくれる」中途社員を育てるために、セールス・イネーブルメントも工夫をしています。具体的には、GAGSをただ言葉で伝えるのではなく、オンボーディング期間に実際に体験できる仕組みを取り入れています。

次のページ
組織文化を言葉で伝えるだけでなく“体感”してもらう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
セールス・イネーブルメントを“内製”で成功させるコツ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社GA technologies 農里 将司(ノウサト マサシ)

大学卒業後、2014年に新卒1期生としてGA technologiesに入社。名古屋営業所の立ち上げを担い、営業所長に就任。その後、本社にてセールス研修の立案・実行、インサイドセールスの責任者など、セールスとして活躍するとともに人材育成に従事。RENOSY営業戦略部門の事業部長を務めた後、2023年...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5594 2024/02/26 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング