SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス

「嫌な仕事」「営業成績」目標を宣言すべきはどっち? モチベーションを上げる「宣言効果」のコツ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

“能力があるのになぜか結果が出ない”人は得てして行動力が弱いもの。その能力を眠らせたままではもったいない。考えすぎて行動できないタイプは、「宣言効果」を活用するとスッと行動できるようになる。宣言効果とは、目標を達成するために、あらかじめ周囲に目標を宣言することを言う。周囲に宣言することが良いプレッシャーとなり、行動のモチベーションが上がる。ただし使い方にはちょっとしたコツがある。効果的かつ正しい宣言効果について紹介させてほしい。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

嫌な仕事にこそ「積極的宣言」を 自分のモチベーションを高めるコツ

 営業スタッフ時代のこと。当時、ダメ営業スタッフだった私は午前中は「ウォーミングアップだ」と言い訳をし、雑談をしたりネットを見たりしていたものだ。なにか特別な用事がない限り午前中はほぼ営業活動や仕事をしていなかった。それが原因で仕事が後手に回り、いつも仕事に追われている状態。上司からは「報告書はまだか!」、各部署からは「申請書類を早く出してください」と催促されていたものだ。

 そんなある日のこと。

 後輩に「午前中いっぱいですべての書類を出す。もし出せなかったらランチをおごるよ」と遊びで宣言したことがあった。するとどうだろう? いつもは働かない頭が良く回り、仕事がはかどった。あっという間に仕上げ、11時30分にはすべての書類を提出できたのだ。

 宣言することでモチベーションが上がる。思い返してみれば、昔も経験したことがある。小学生のころ、家族に向かって「宿題を7月中に終わらせるぞ!」と宣言したことがあった。家族も私自身も半信半疑だったが、宣言したことで「何としても終わらせてやる」といった気持ちが芽生えた。ちょっと無理をしたが7月の最終日にすべての宿題を終わらせることができたのだ。

 

 あなたにも、「○○をする!」と宣言をしたこと、そして宣言によって想像以上に動けた、という経験が一度や二度あると思う。宣言効果はシンプルだが効果的なテクニックだ。これはすぐにでも仕事に応用できる。

 たとえば、上司からいかにも面倒で時間がかかりそうなデータの処理を言いつけられたとする。しかも今日中に。通常なら「今日は予定が詰まっているので明日でもいいですか?」と延期の交渉をするところだ。

 そんなときはその逆をいく。どうせやるなら積極的に「午前中に仕上げます!」と上司に宣言してしまう。このように攻めの姿勢なると、嫌な気持ちが吹っ飛び、不思議とやる気も湧いてくる。

  • トラブっているお客様との関係を修復する
  • 面倒な報告書をつくる
  • 山積みの書類を処理する

 宣伝効果は、嫌だと思っている仕事にこそ効き目がある。

次のページ
「営業成績」の宣言はしないほうが良いワケ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/2852 2021/10/01 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング