SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Sales Tech ホットトピックス

売れなくて苦しい営業に知ってほしい セールスコンテンツを起点にした「シン・セールス理論」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 「Sales is cool=営業はカッコイイ」という世界観をつくることを目指し、情報発信を続けるセレブリックス・今井晶也さんが8月、セールスコンテンツの重要性を説いた「シン・セールス理論」をnoteで公開。560以上の「スキ」がつき、実際に多くの営業担当者から反響があったという。営業と顧客、双方が気持ちよく商談を進められるようにという想い、「シン・セールス理論」の複数のポイントを今井さんに聞いた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

コロナ禍で営業活動のハードルは高く……ミスマッチをなくしたい

――支援されている営業組織の皆さんはどこに課題を抱えていらっしゃいますか。

どの企業も新規アポイントの獲得に困っていらっしゃいますね。企業はこんな状況でも売上をあげる必要がありますから、是が非でもと新規営業をしています。購買者側からすると、メルマガや新規のテレアポを受ける機会は急増しており、ライバルが多いなかで営業が商談機会をつくるのが難しくなっています。また緊急事態宣言下では、多くの企業でテレワークも進み、社会状況がいつどう変化するかわからない状態で、営業が電話をかけるよりも、メールの営業やオンラインセミナーの実施を優先し始めた企業も多かったのではないでしょうか。

 
株式会社セレブリックス 営業企画本部 本部長 セールスエバンジェリスト 今井晶也さん

――御社自体も、営業代行を行う数多くの営業パーソンをリモート下でマネジメントしていく必要があると思いますが、コミュニケーションの面で難しいところはありますか。

もちろんありますし、現在進行形で悩んでいます。営業代行を担当する営業が当社には500名ほどいますが、これまでの「あたりまえ」を前提としたコミュニケーションは危険だと思い、注意しています。対面であれば、アドバイスをするために「どうしてこれをやったの?」と行動の意図をまず気軽に聞くことができていました。それはお互いの仕事をやりやすくすためのコミュニケーションだったはずです。しかし、テレワークでこれがテキストになった瞬間、どうも詰められているように見える。相手を否定しないクッションをおいたコミュニケーションをとっているはずなのに、相手を困らせているかもしれない。そういう難しさはあります。

――今井さんが発表された「シン・セールス理論」ですが、不安定な状況のなかで、営業担当者が立ち返る場所をつくってあげることもひとつの目的なのかなと思っていました。

おっしゃるとおりです。以前、営業の皆さんに「営業が一番苦しくなるときは?」というアンケートをとったところ、「成果が上がらないとき」という回答が約60%でダントツでした。営業は、成果が上がっていれば、お客様に価値を提供できているということですし、上司や周囲にも認められますから自然と自分の介在価値を感じられるんですね。

「シン・セールス理論」をつくろうと思ったのは、いままさに世の中の営業活動がさらに複雑に難しくなっているからです。営業と顧客のミスマッチをなくし、お客様に断れられて傷つくことなく、楽しい営業ができるようになるために、立ち返る教科書をつくりたかったんですね。ここに書いてあるノウハウは、コロナ禍以降に急激にできたものではありません。これまでのノウハウを、いまの時代に活用できるようにひとつにまとめたものです。

 

「シン・セールス理論」はひと言で表すならば「コンテンツが主役の営業スタイル」です。コロナ禍でどうしても企業の消費や投資が鈍り、情報過多になり比較検討疲れが起きています。今後はより、「信じられる人からものを買う」という「会話経済」の流れがやってくるでしょう。では情報過多の時代に、どうやって「信じられる営業」になるか。そのきっかけがコンテンツになると思っています。オンライン商談のスキルを上げる必要ももちろんあると思いますが、対面より表情を読みづらく会話が進みづらいというのは事実だと思います。

どんな状況でも売上を上げられるトップセールスではなく、オンライン商談でどうも売れなくなっている営業の人たちの営業活動をもっとかんたんにするために、「コンテンツ」を使ってほしいと考えています。発表後、SNSの反響で嬉しかったのは「自社だとこのような取り組みをしています」というシェアをしてもらえたこと。あとは私自身が営業をするときに、「シン・セールス理論」を活用していることに気がついてもらって、新規のお客様に喜んでもらえたこともありました(笑)。

次のページ
お客様と一緒に事前準備をすること プッシュ営業の新常識

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
Sales Tech ホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

SalesZine編集部 宮田華江(セールスジンヘンシュウブ ミヤタハナエ)

Sales Techに関する情報をお届けします!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/1872 2020/10/06 07:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング