SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

「立場が仕事」「見せるマネジメント」は通用しない!テレワーク下のマネージャーに必要な考え方

2020/06/15 07:00

 今回お話を伺ったのは、リクルートホールディングスの人事部でマネージャーを務めた自身の経験から、属人的なマネジメントを解消するためのサービス「KAKEAI」の提供を開始した株式会社KAKEAI代表・本田英貴さん。テレワーク下でマネジメントのあり方は一体どう変化していくのでしょうか。現在マネージャーが抱えている課題から、解決に必要なマインドまで伺いました。

オフィスでは「立場」を仕事にできたけれど……

――マネジメント改善にフォーカスを当てた「KAKEAI」の提供に至るまでの本田さんのキャリアについて教えてください。

2002年にリクルートに入社して営業や企画を経験し、最終的にはリクルートホールディングスの人事部でマネージャーを務めました。2015年に退職してから、いくつかのスタートアップの役員を経て、2018年4月にKAKEAIを立ち上げたのですが、理由はふたつあります。

人事には労務管理、採用などさまざまな業務がありますが、私が担当していたのは、現場に近いマネジメント層がメンバーの力を引き出しながら良い成長の場をつくるための支援でした。支援をするなかで、正直なところ結局はマネージャー個々人の力量に頼らざるを得ない場面も多かったのです。メンバーは、マネジメント能力の高い上司と巡り会えれば良いですが、そうではないケースもあり、人事の立場から属人的なマネジメントについてもどかしさを感じていたことがひとつめの理由です。

もうひとつは人事部のマネージャーという管理職だった自分自身にも、思うようにメンバーとの関係を築けず、マネジメントがうまくいっていないと感じる瞬間があったことです。マネジメントにおける諸課題は、誰しもが抱えうる一方、いち企業の人事部だけでは変えられないような重大な課題だと実感しました。当時、自分のもとにいたメンバーにはある種、懺悔のような気持ちもあるくらいですが、テクノロジーという手段を用いて広くマネジメントを変革できないかと、独立してサービスを立ち上げました。

 
株式会社KAKEAI CEO 本田英貴さん

――人事部、マネージャー両者の目線で感じた課題を解決すべく会社を立ち上げられたのですね。テレワークが浸透し始め、各社の「マネジメント課題」が浮き彫りになってきたように思います。どのような課題が寄せられていますか。

これまではメンバーの状態を把握するために、様子を見ながら勘を働かせてきたマネージャーも多いと思いますが、まずはそれができないですよね。「メンバーの言葉や行動の真偽がわからない」という問題もあります。確認するには、オンライン上でやりとりを重ねるほかないわけですが、表情が読めないので得られる情報が少ない。さらに深刻な問題として、真偽を確かめようとメンバーに深く聞き入りすぎると「信頼されてないのではないか」と感じさせてしまいかねません。踏み込みすぎたときのリカバリーも難しいですからそもそも、どこまで踏み込むべきかわからずメンバーへの遠慮が生まれてしまっている場合もあります。

マネジメントは個人のアウトプットが非常に見えづらい業務です。オフィスにいるときは、経営層との会議に出席し、管理職の席からメンバーを指導することなど、「マネージャーの立場にあること自体」を前提に仕事をこなしていたでしょう。「立場が仕事」は通用しないテレワーク下で、一体自分がどう見られているのか不安なマネージャーも多いはずです。営業組織のマネージャーで言えば、商談に同行する移動中に部下から業務やプライベートの相談を受けるような日々の細かいマネジメントができなくなっていますよね。

さらに言えばマネージャーは、メンバー・Aさんとのコミュニケーションをほかのメンバーにあえて見せることで、B・C・Dにも刺激を与えるという手を使うことも多いですが、それも難しいでしょう。毎日細かい指示を出せるわけではないので、メンバー個々人が判断して仕事をする場面が当然多くなっているはずです。さまざまなコミュニケーションツールがありますから、マネージャーにまず必要なのは、仕事の方針や考え方をメンバー全員に対して「言葉にして繰り返し発信する」ことが重要な役割のひとつであると認識することです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5