SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

忙しいビジネスパーソンの積ん読を代わりに読んでみた

『営業はいらない』を読んだら、むしろ営業が楽しくなる人が増えるんじゃないかと気づいた


  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ライター・石川香苗子さんによる新ブックレビュー連載がスタート!日々忙しく「積ん読」がたまってしまう営業パーソンのために、話題のビジネス書をわかりやすく解説いただきます。実は石川さんご自身も営業経験者。リクルートHRマーケティングで新規開拓営業を担当、06年第1四半期に全社MVP、同年「通期全社敢闘賞」として表彰されています。第1回は、その衝撃的なタイトルが話題となった『営業はいらない』。つい、手にとってしまった営業パーソンも多いのではないでしょうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

誇らしげに「The・属人的営業」をしていたころ

 私は新卒から3年間、新規開拓の「飛び込み営業」と「テレアポ」をしていました。特に入社して3ヵ月は、1日30件の「飛び込み営業」と60件の「テレアポ」がノルマとして課されていました。2005年、もう15年も前のことです……!

 今回、三戸政和さんの『営業はいらない』(SB新書)を手にとった瞬間、そんな私はいきなり打ちのめされました。裏表紙にこんなことが書いてあったからです。

 今や500万円の車でさえ、ワンクリックで買う時代であるにもかかわらず、いまだに多くの企業が、新規顧客獲得のファーストコンタクトを「飛び込み営業」と「テレアポ」に頼っている。しかしそのテレアポの成功率は1%以下だ。

 まさに当時の私のことです。たぶん誰にも共感してもらえないのですが、営業時代の私はこの「飛び込み営業」と「テレアポ」が大好きでした。10件飛び込みしたら5件は名刺をいただけましたし、テレアポしたらアポが取れすぎて困ることもありました。自分にしかできないトークや、自分にしかできない飛び込みテクニックを開発して「どうだ、誰も真似できないだろう」なんて、悦に入っていたものです。もはやちょっと変態的です。

 後輩やチームのメンバーに「飛び込み営業」のコツや、私のテレアポトークを教えるのですが、なかなか同じようにできる人はいませんでした。

 これぞ「The・属人的営業」の極み……!

 でも、「誰も真似できない」トークじゃ、ダメなんですよね。

 SalesZineをお読みの皆さんは今まさに、セールステックや組織的営業を活用して「属人的な営業からの脱却」に日々奔走していると思います。そんなシステム的な営業とは、真逆のやり方をしていたのです。

営業という仕事の歴史と変化が1冊でわかる本

 ということで、恐る恐る『営業はいらない』という本を読み始めたのですが、読み終えた感想は、むしろ「誰でも営業ができるようになるため」の本なんじゃないかということでした。

 
外出自粛中のワークスペース(寝室)。オンライン取材用にリングライトを買いました。
スタバのカップは自粛前に買ったリユーザブル

 本書のいいところはこれまでセールスパーソンを苦しめてきた「属人的な営業」をはじめとする旧来型の営業スタイルについて、歴史とその弊害を丁寧にひも解き、これからなぜ営業が必要なくなるのか、どんなテクノロジーが登場しているのかについて解説しているところです。セールスパーソンが消えた例や代表的なSaaS企業まで1冊で網羅することができます。

 この1冊を読めば、なぜ、営業という仕事が大きく変化しているのか、これから営業がどう変化していくのかについて丸ごとわかってしまいます。

 新卒で営業の仕事をはじめたばかりの人や、インサイドセールスに配属されたけれど、仕事の意義がいまいち飲み込めていない人、旧来型の営業を続けてきて「なぜ今、世の中が組織的営業へとシフトしているのか」理解が追いつかない人などにおすすめです。

次のページ
テクノロジーの力で、営業で苦しむ人は減るかも知れない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
忙しいビジネスパーソンの積ん読を代わりに読んでみた連載記事一覧
この記事の著者

石川 香苗子(イシカワカナコ)

ライター。リクルートHRマーケティングで新規開拓営業を経験し、06年第1四半期全社MVP、同年、通期全社敢闘賞。その後ライターとなり、IT、マーケティング、HR、テレビ、ダイバーシティなどを得意領域とする。SaaS系セールステック企業の導入事例なども執筆。 詳細はこちらから(これまでの仕事をまとめてあります...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/1535 2020/06/10 19:16

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング