SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

eセールスマネージャーに、入力で複数商材のステータスを管理できる機能を追加

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ソフトブレーンは、CRM/SFA「eセールスマネージャー」に1回の入力で複数商材のステータスを管理できる機能を追加し、2018年10月1日から提供を開始した。これにより、特定のエリア内の企業に定期的に訪問したり、固定された顧客へ密に訪問し、ニーズ発生のタイミングを狙って繰り返し提案するといった日本企業に多い営業スタイルでも営業現場の負担を増やすことなく、CRM/SFAを活用できるようになる。

 近年、CRM/SFAを導入する企業も少なくないが、入力が面倒、使いにくいなどの理由から営業現場に定着していない企業も少なくない。この背景には、一般的なCRM/SFAの多くは米国をはじめとする海外製、あるいはそれをベースにし設計したものがほとんどで、案件単位で営業を行う「案件型営業」にはフィットするものの、日本の企業に多く見られる、同一エリア内の企業を定期的に訪問する「定期訪問型営業」や、固定された顧客へ密に訪問し、ニーズ発生のタイミングを狙って繰り返し提案する「継続提案型営業」といった営業スタイルにはフィットしないことがある。

 今回、eセールスマネージャーに搭載したのは、一度の営業報告で複数の商材や商談のステータスについて別々に管理することができる機能。本機能により、「多品種小ロットの商材」や「1回の訪問で複数の案件について商談」を行う営業でも、現場の営業担当者の入力は1回で済み、しかも登録された情報は関係するデータや画面にリアルタイムで反映されるため、入れ替わりの早い商材でも見込み数値や確度の管理が容易にできるようになった。

 本機能は、PCはもちろんスマートフォン・タブレット端末でも直感的かつ容易に入力できるよう、ユーザーインターフェースや視認性に工夫を凝らしており、外出の多い営業担当者でも移動中のスキマ時間を使って入力ができるため、効率的な訪問と報告が可能になる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/64 2018/10/01 16:50

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング