SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Ask One、企業のデータ資産を活用しきれていない課題を解決する「参照マジック」の提供を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 クリエイティブサーベイは、マルチチャネルフォーム「Ask One」が企業のデータ資産をその場で活用する「参照マジック」を公開したと発表した。

提供の背景

 企業にテクノロジーの導入が進む一方、企業が保有しているデータ資産は分散し、必要なデータを統合することに多くの時間や手間を要している。限られた顧客接点において営業機会を逃さないためには、分散化されたデータ資産を適したタイミングで活用できる環境構築が必要となる。

 そのような背景から、クリエイティブサーベイは、分散した企業のデータ資産をその場で活用し、顧客に合ったタイミングで顧客に合ったコミュニケーションの提供を可能にする「参照マジック」の提供に至った。

概要

 従来のフォームでは、データ収集に焦点をあてて活用されており、フォームでデータ収集をしてからその情報が実際に活用されるまでタイムラグが生じていた。参照マジックでは、従来のデータ収集のみにフォームを活用するのではなく、その場でデータの活用ができる環境を構築することで、オンライン・オフライン問わず、顧客に合ったタイミングで、顧客に合ったコミュニケーションが可能になる。

 Ask Oneのフォームにデータが入力されると、CRMやMAなどの自社データベースや公開されているオープンAPIからデータ資産をリアルタイムに参照して活用することが可能になる。

ユースケース

展示会で名刺を読み込むことで最適なアクションをレコメンド

 参照マジックを活用することで、名刺を読み込むだけで、その場で商談・契約の有無や企業情報などを参照しスクリーニングし、展示会の現場における最適なアクションをレコメンドすることが可能になる。

営業可否判断・戦略策定を可能にするパートナー連携フォーム

 パートナー企業に対する営業業務の委託において、ターゲット判定条件や顧客の最新情報を共有する際、パートナー企業がCRMなどの顧客データを直接参照できず管理が煩雑になる課題があった。

 参照マジックを活用することで、パートナー企業が営業候補になる企業名をフォームに入力するだけで、対象企業の業種や規模、契約状況、進行中の商談情報などを参照し、その場で提案可否の判定や類似事例コンテンツを提示することができる。

 これにより、パートナー企業の担当者は、従来より少ない工程で営業判断や効果的な提案に向けた戦略策定が可能になる。さらに営業先の業種や規模ごとに担当部署宛にメール、Slack、Teamsなどに自動的に通知をすることでよりシームレスなパートナー連携を図る。

担当割当条件に対応した問い合わせフォーム

 問い合わせ企業の業界やエリアにより営業拠点や担当を分けている会社では、問い合わせを受けてから人の手によって担当が割り振られるため、営業開始までのタイムラグが発生していた。

 参照マジックの活用により、問い合わせフォームに入力された会社名から、法人番号、従業員規模、本社所在地などを自動的に取得し、さらにCRMから契約や商談の有無などを判定することで適した営業に割り当て、リアルタイムに問い合わせを通知することが可能になる。

 さらに問い合わせ完了ページにおいて、新規ターゲット顧客は担当の日程調整ツールを、商談中の顧客はホワイトペーパーを、既存顧客は既存顧客向けの直近のリリース内容を提示するなど、顧客に合わせてコミュニケーション内容を変え、営業機会の最大化に貢献する。

既存顧客の利用状況や契約内容に応じて変化するフォーム

画像を説明するテキストなくても可

 カスタマーサクセス業務で参照マジックを活用することにより、顧客の契約内容や直近の利用状況などをリアルタイムに取得し、顧客に応じて情報や設問を出し分け、最適なヒアリングができるようになる。利用頻度が減少している顧客には「課題のヒアリング」、活用が進んでいる顧客には課題やニーズにフィットしたオプションサービスをレコメンドする「アップセルフォーム」など、顧客ステータスに合わせてフォームを作成し、自動的にページを出し分け制御することができる。

想定しているユースケース

 参照マジックではCRMやMAの情報の参照だけではなく、天気、地図、法人情報など一般的に利用可能なオープンAPIや、自社サービス独自のAPIとも接続することが可能。次のようなフォームを作成することもできる。

  • 企業名を入力すると法人情報APIから法人番号や企業規模を自動取得するフォーム
  • 出発地と到着地を入力すると距離やかかる時間を表示するフォーム
  • プランや数量を入れると最適な見積りが算出されるカリキュレーター
  • 狙いたい業界や企業名を入力すると効果的な戦略をサジェストするシミュレーター
  • 入力されたコメントを感情解析APIに送信してネガティブ・ポジティブをラベル化するフォーム
  • 自社サービスのAPIに接続して自社業務を効率化するフォーム
  • フォーム入力値をChatGPTが処理しその結果を活用するAI搭載フォーム

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5731 2024/04/02 13:30

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング