SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

クリエイティブサーベイ、あらゆる顧客接点で営業機会を逃さない「Ask One」を正式提供開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 クリエイティブサーベイは、2023年10月20日より、あらゆる顧客接点で営業機会を逃さない「Ask One」の正式提供を開始した。本サービスは、2023年7月末にプレローンチを迎えてから15社以上が導入している。

 多くの企業ではデジタル化が進んだ現在においても、簡易なフォームツール・アンケートシステム・マーケティングオートメーション・自社システム・紙ベースのヒアリングシートなど、あらゆる顧客接点でバラバラな入力インターフェースを利用しており、顧客データの統合やスピーディーな顧客対応、顧客に合わせた情報提供ができていないといった課題が存在している。

 Ask Oneはこのような課題に対応し、容易に作成できるインタラクティブなフォーム機能、外部サービスとのシームレスな連携、名刺を使ったスマートな入力体験などの特徴を備えている。これらの機能により、オンライン・オフライン問わず営業機会を逃すことなく、一貫性のある顧客コミュニケーションを図ることが可能となる。

 また、社内向けやパートナー企業向けには、フォームの入力内容に応じたコールスクリプトやヒアリングシート、顧客管理ツールの入力インターフェース、顧客向けにはニーズやセグメントによってページを出し分けるランディングページやウェブフォームとして活用することが可能。

Ask Oneの3つの特徴

  • 容易に作成できるインタラクティブなフォーム

 Ask Oneは、入力内容に応じてページや資料を出し分けることができる。社内向けには、SFAの入力インターフェースとして利用することでヒアリング内容に応じてスクリプトを出し分けたり、その場で資料を出し分けたりすることも可能。

 顧客向けには、問い合わせフォームやセミナー、キャンペーンなどのランディングページとしての利用のほか、複数ある商材や提示する事例を出し分けることができ、診断コンテンツやクイズコンテンツとしての活用も可能。これらのフォームはドラッグ&ドロップで質問項目を組み合せたり、ページを出し分けたりすることができる。

  • 外部サービスとのシームレスな即時連携

 Ask Oneを用いて収集したデータは、Salesforceをはじめ各種CRMやMAにリアルタイムかつ柔軟に連携できる。とくにSalesforceのプラットフォーム上にアプリケーションを構築し、ソリューションを顧客に提供することができるAppExchange Partnerとして、任意の項目をキーとしたリード/取引先責任者の更新・リードの作成・カスタムオブジェクトのレコード更新・キャンペーンへの追加・活動履歴への質問回答の記録など、顧客企業のSalesforce環境に合わせたシームレスな連携が可能。

 各種CRMやMAでのデータの入力フォームをAsk Oneに一元化することで、手作業によるデータ入力やインポートなどの工数を削減し、これまでのオペレーションを変えずに優先順位をつけた即時顧客コミュニケーションを実現することが可能となる。

  • Sansanの名刺データ化テクノロジーを搭載したフォーム

 Ask Oneは、Sansanのデータ化ノウハウにより開発された、精度とデータ化速度を両立した名刺に特化した独自のエンジンを搭載している。これにより、名刺情報を瞬時にデータ化し、フォームの回答内容と合わせて各種ツールに即時同期することが可能。展示会におけるヒアリングシートやセミナーの受付、訪問営業時のCRMへの顧客情報入力など、さまざまなシチュエーションでの入力負荷を削減する。

Ask Oneの活用シーン

 Ask Oneが有する3つの特徴を活かし、社内・外、オンライン・オフラインを問わずあらゆる顧客接点でさまざまな活用が可能。

<マーケティング>

 マーケティングでは、オフラインイベントでの名刺・ヒアリングシートの管理や複数のツールにまたがるウェブフォームやランディングページの作成など、スムーズなデータ連携や複数ツールの管理などに課題を抱えるケースが多く存在している。Ask Oneを活用して顧客の入力フォームやランディングページの作成を統合し、スマートな名刺入力機能やシームレスな各種ツールとの即時連携機能を活用することで、こうした課題に対し効果を発揮する。

具体的な活用シーン(一例)
展示会での名刺読み取り、ヒアリングシート / ランディングページの作成 / 各種ウェブフォーム / ROIシミュレーター / 診断コンテンツ

<営業>

 営業活動においては、各営業担当によって顧客へのヒアリングやフォロー、商談管理基準などにばらつきがあり効果的な営業アプローチができていない、CRMを導入しているがデータを入力してくれないといった課題を抱えるケースが存在している。Ask Oneを統一されたヒアリングシートや各種CRMへの入力インターフェースとして活用することで、こうした課題に対し効果を発揮する。

具体的な活用シーン(一例)
ヒアリングシート / 分岐型コールスクリプト / 失注アンケート / 商談更新フォーム

<カスタマーサクセス>

 カスタマーサクセス部門では、顧客満足度調査などを通じて顧客の声を把握することが重要であるが、これらのデータと各種CRMなどのツールとの自動連携や、分析に活用できるかたちでのデータ収集に課題を抱えることがある。Ask Oneを活用することで、オンボーディングや定期的なミーティング、日々の問い合わせ対応業務など、さまざまなタッチポイントで対応品質向上や顧客理解促進ためのフォームとして活用できるほか、回答結果に応じた顧客フォローをより適切に行うことで、契約継続率の最大化を図ることが可能となる。

具体的な活用シーン(一例)
サポート対応評価 / 顧客満足度調査 / 製品理解度クイズ / 契約更新フォーム

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5256 2023/10/23 13:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング