SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

BtoB営業職の約9割が「ChatGPTの台頭」に肯定的 自分が発見できない提案に気づくことも/CI

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 マーケティング・営業DXツール「SENLEN」を提供するCIは、ChatGPTを知っているBtoB営業職109名を対象に「BtoB営業職のChatGPT活用に関する実態調査」を実施。その結果を発表した。

調査結果

 ChatGPTの台頭にどのような見解をいだいているかたずねたところ、31.2%が「とても肯定的」、55.0%が「やや肯定的」と回答。計86.2%がChatGPTの台頭に「肯定的」と回答した。

 Q1で「とても肯定的」「やや肯定的」と答えた回答者に、ChatGPTの台頭に肯定的である理由をたずねた。その結果、「自分が発見できない提案に気づける可能性が高いから」(50.0%)がもっとも多くなり、「資料作成等の手間が省けると考えられるから」(47.9%)、「業務効率が上がると考えられるから」(45.7%)と続いた。

ChatGPTの台頭に肯定的である理由(自由回答・一部抜粋)

(Q2で「わからない/答えられない」以外を選択した回答者)

  • 41歳:俯瞰的知見が入手できる。
  • 49歳:より客観的な見方ができる。
  • 37歳:時間を捻出出来る。
  • 46歳:余計な事務作業の時間短縮につながる。
  • 45歳:効率が上がりそう。
  • 35歳:知らないことを簡単に説明してもらえるから。
  • 35歳:ツールとして便利に使いこなせればいいから。

 Q1で「やや否定的」「とても否定的」と答えた回答者に、ChatGPTの台頭に否定的である理由をたずねた。その結果、「責任の所在がないから」(46.7%)がもっとも多くなり、「秘匿性・機密性の高い情報の取り扱いに不安を感じるから」(40.0%)、「ChatGPTを使うことで『手を抜いている』と感じられるかもしれないから」(33.3%)と続いた。

ChatGPTの台頭に否定的である理由(自由回答・一部抜粋)

(Q4で「わからない/答えられない」以外を選択した回答者)

  • 53歳:自分で考える力がつかない。
  • 48歳:情報操作されたデータのみが出てしまうリスク。
  • 60歳:イレギュラーな対応がどこまでできるかで、却って煩雑になる恐れがある。
  • 61歳:そもそもちゃんと答えを得られない。
  • 42歳:AIに不正防止の概念が、あるかどうか不安。

 ChatGPTは、BtoB営業において有効になってくると感じるかたずねたところ、33.9%が「非常にそう感じる」、50.5%が「ややそう感じる」と回答。計84.4%が、「ChatGPTはBtoB営業において有効になってくると感じる」と回答した。

 Q6で「非常にそう感じる」「ややそう感じる」と答えた回答者に、ChatGPTはBtoB営業のどのような場面で有効になってくると感じるかたずねた。その結果、「提案準備資料の作成」(60.9%)がもっとも多く、「情報収集と要約」(48.9%)、「提案時のコミュニケーション」(41.3%)と続いた。

 BtoB営業を行う際に現在ChatGPTを活用しているかたずねたところ、13.8%が「よく活用している」、33.0%が「たまに活用している」と回答。計46.9%が、現在BtoB営業を行う際にChatGPTを活用していることが明らかになった。

ChatGPTを活用する上で意識していること(自由回答・一部抜粋)

(Q8で「活用している」と答えた回答者)

  • 45歳:守秘義務の遵守。
  • 46歳:個人情報の流出。
  • 45歳:必ずしも正しい情報ではないこと。
  • 53歳:多くの質問をして精度をあげ、より客観的なものにする。
  • 36歳:表示される内容が正しい情報かどうかは念のため確認している。
  • 59歳:なるべく具体的に質問し、しっかり内容をチェックする。
  • 27歳:あまりそのまま原文を使わずに、自分で資料提出する際にはアレンジすること。

調査概要:BtoB営業職のChatGPT活用に関する実態調査

調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査

調査期間:2023年4月18日~同年4月19日

有効回答:ChatGPTを知っているBtoB営業職109名

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4786 2023/05/23 05:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング