SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Kaizen Platform、商談解析クラウドaileadを導入 情報共有・育成・面接の質が向上

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 バベルは、商談解析クラウド「ailead」がKaizen Platformへ導入されたことを発表した。

 Kaizen Platformでは、aileadの「商談録画の部分共有機能」を次のようなシーンで活用している。

主な活用シーン

1:商談内容のチーム共有

 議事録や報告書で行っていた情報共有をaileadの録画共有で代替したことで、認識齟齬が解消。商談へ出席しなかったメンバーにも、顧客が伝えたいニュアンスや成功事例を共有できるようになった。

2:営業メンバーの育成フィードバック

 商談データにもとづいていることで、フィードバックの納得感が向上。とくにネガティブなフィードバックがうまく伝わらないときなど、エビデンスとしてデータを残しておくことで、適切なフィードバックコミュニケーションを実現した。

3:採用面接内容のフィードバック

 Kaizen Platformが重視する「アトラクトをする」「スキルを見極める」「カルチャーフィット」のうち、面接官がどの見極めを得意とするか面接録画によって可視化。面接官の適切な配置を可能にした。

Kaizen Platform 代表取締役 須藤憲司氏のコメント

 自分たちの課題を自分達で解決していきたいと思っている企業にaileadはおすすめです。ツールを使えばなんとかなると思っている企業よりかは、ツールを活用した上で自分たちの目的を成し遂げたいと思っている企業が良いと思います。あとは営業に強い企業こそ使って欲しいです。そういった企業は、よく営業を分析していて課題も明確なはずなのでaileadともマッチすると思いますね。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4514 2023/02/10 13:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング