SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

リスキリングの課題、約3割が「効率的な学習方法がわからない」と回答/UZUZ調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 第二新卒・既卒・フリーター・新卒を中心とした20代若手に特化した人材紹介事業、教育研修事業を運営するUZUZ(ウズウズ)は、IT分野の学習支援サービス「ウズウズカレッジ」動画教材の利用者134名を対象に、リスキリングに関する意識調査を実施した。

調査概要
  • 調査の方法:Udemy、Youtubeの「ウズウズカレッジ」内でアンケート実施
  • 調査の対象:Udemy、Youtubeの「ウズウズカレッジ」動画教材の利用者
  • 有効回答数:134名
  • 調査実施日:2022年10月25日~11月25日
  • 回答者属性

    1)年齢
    ・19歳以下(0.0%)
    ・20~29歳(32.8%)
    ・30~39歳(26.1%)
    ・40~41歳(23.1%)
    ・50~59歳(14.2%)
    ・60歳以上(3.7%)

    2)性別
    ・男性(73.9%)
    ・女性(22.4%)
    ・無回答(3.7%)

    3)雇用形態・正社員(80.6%)
    ・契約社員、派遣社員(6.0%)
    ・パート、アルバイト(3.7%)
    ・業務委託(フリーランス、自営業)(3.0%)
    ・無職(4.5%)
    ・その他(2.2%)

    4)所属分野(業界)
    ・メーカー(16.8%)
    ・商社(0.8%)
    ・小売(2.4%)
    ・金融(4.8%)
    ・サービス・インフラ(24.8%)
    ・広告・出版・マスコミ(1.6%)
    ・ソフトウェア・通信(46.4%)
    ・官公庁・公社・団体(2.4%)

※各回答結果の割合(%)は、端数処理の関係上、合計が100%にならない場合がある。

調査結果サマリー

Q1. あなたのリスキリングの目的を教えてください(複数回答)。
  • 転職のため(18.9%)
  • 現職でのキャリアアップのため(昇格、異動)(22.0%)
  • 給与アップのため(昇給、資格手当)(11.5%)
  • 業務スキル向上、業務効率化のため(37.9%)
  • 明確な目的はないが、自己研鑽のため(7.0%)
  • その他(2.6%)
    −その他:退職した場合の保険、業務理解を深めるため、会社指示 など
Q2. 学習時間はどのくらい確保していますか?(単一回答)
  • 月に10時間未満(29.1%)
  • 月に10時間以上20時間未満(32.8%)
  • 月に20時間以上30時間未満(14.2%)
  • 月に30時間以上40時間未満(5.2%)
  • 月に40時間以上50時間未満(5.2%)
  • 月に50時間以上60時間未満(1.5%)
  • 月に60時間以上(11.9%)
Q3. いつ学習していますか?(複数回答)
  • 終業後(41.9%)
  • 休日(30.0%)
  • 通勤中(11.5%)
  • 現在就業中ではないので日中帯に実施(7.4%)
  • その他(9.2%)
    −その他:就業中、起きてから出社前まで、次の案件のための準備期間のため勤務中、睡眠時以外 など
Q4. これまでにリスキリングにかけた費用総額はどのくらいですか?(単一回答)
  • 3万円未満(59.7%)
  • 3万円以上20万円未満(30.6%)
  • 20万円以上50万円未満(5.2%)
  • 50万円以上100万円未満(3.0%)
  • 100万円以上200万円未満(0.7%)
  • 200万円以上(0.7%)
Q5. リスキリングで学んだことが、業務や自身のキャリアにおいて「活用できている」と感じられますか?(単一回答)
  • 非常に活用できている(17.2%)
  • ある程度は活用できている(41.8%)
  • やや活用できている(23.1%)
  • 全く活用できていない(17.9%)
Q6. 上記回答の理由を教えてください(自由回答)。

<以下回答より一部抜粋>

ー「非常に活用できている」「ある程度は活用できている」を選択した人

  • 専門的な知識を身につけた事により公正な判断が可能になった
  • 転職活動に向けての自信を持つことが出来ました
  • 本業への理解が深まったから
  • 新しい知識によって今までの業務経験も活かせる
  • 転職できた
  • GASを業務の効率化に活用できているため。月10時間以上の効率化ができた

ー「やや活用できている」を選択した人

  • 直接的に生きることはないが、考え方などが参考になるため
  • これまでより対応領域が広がった
  • 自動化により一部の業務が効率化できている
  • まだ実質的に活用はできていないが、いざという時の自信にはつながるため
  • 評価自体はされたから
  • まだ結果が出ていない

ー「全く活用できていない」を選択した人

  • まだ始めたばかりで活用できる所まで到達していない
  • 業務と関係ないから
  • 業界が異なるため
  • 学習時間を確保できていない
  • マネジメント業務中心のため活用場面がない
Q7.リスキリングを行う上で感じている課題を教えてください(複数回答)。
  • 有効な学習対象がわからない(何を学習したら自分の目的が達成できるのかわからない)(21.1%)
  • 効率的な学習方法がわからない(どのようなツール、教材を使用したら効率的にリスキリングできるのかわからない)(31.2%)
  • 学習時間をどのように確保したらいいのかわからない(19.3%)
  • わからないこと、理解が不十分なことがあった際に解消できない(15.6%)
  • 学習したことをキャリアや実務に対して効果的に活用できない(11.5%)
  • その他(1.4%)
    −その他:勤務後の疲労感などから継続しきれないこと、なし など
Q8. どのようなサポートがあれば、リスキリングの活用が進むと思いますか?(複数回答)
  • リスキリングの目的、目標の整理(19.0%)
  • リスキリングの具体的な学習内容、スケジュール策定(17.5%)
  • 学習効果の改善(わからないこと、理解が浅いことを解消)(24.3%)
  • 学習の進捗管理(学習がスケジュール通り進められる、つまずかないように)(10.8%)
  • 試験対策(12.3%)
  • キャリア支援(転職支援)(5.2%)
  • コーチング(学習したことをどのように実務に活用するか支援)(9.7%)
  • その他(1.1%)
    −その他:実際に関連する業務をやらせてもらう、お金と時間 など

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4338 2022/12/12 06:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング