SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

デジタル化で成果を得た企業 「コロナ禍以前から取り組んでいた」が8割超え/リブ・コンサルティング調査

2021/05/14 06:00

 リブ・コンサルティングが「中堅中小企業におけるデジタル化の実態」に関する調査を実施した。

7割以上が自社のデジタル化は「重要」

 自社のデジタル化に対する認識を尋ねると、「重要」であると認識している経営者は73.8%という結果に。

 

デジタル化で成果を得た企業 「コロナ禍以前からデジタル化に取り組んでいた」が8割超え

 デジタル化で成果を得た企業のうち、デジタル化に取り組み始めた時期を尋ねると、83.5%がコロナ禍以前から取り組んでいた、と回答していた。さらに、「デジタル化の成果を得られた」と回答した企業の中で、約半数は「3年以上前」から取り組んでいたことも明らかに。

 

今後のデジタル化への投資 半数以上が「増やす」と回答

 今後3年のデジタル化への投資の増減を尋ねると、58.5%が「増やす」と回答した。

 

調査概要

調査期間:2021年4月20日~22日

調査対象:社員30人以上の企業の経営者・取締役600名



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5