SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

アスクルがSDGsへの認知度・取り組みの実態調査を実施 SDGsに「職場で取り組んでいる」は11%

2021/02/22 06:00

 アスクルは、「ASKUL」に登録している事業所を対象に「働く人の環境問題や社会問題に対する意識~SDGs認知度・関心度・取り組みについて~」と題した調査を実施した。

調査結果サマリー

  • 「SDGsの内容を詳細まで知っている」は、約5%。一方、「内容をある程度まで知っている」まで拡大すると、約3割の認知率
  • SDGsの17の具体的な目標の認知については、「1. 貧困をなくす」に対する認知度がもっとも高く、62.4%
  • SDGsの関心度は57.1%、17の具体的な目標への共感については、もっとも高い「1. 貧困をなくす」が72.3%、そして70.3%であった「2. 飢餓をゼロに」のふたつが7割超え
  • 職場でSDGsに「取り組んでいる」という回答は11.7%で、「検討している段階」まで含めると、3割に拡大
  • 取り組んでいる(予定も含む)SDGsの17の具体的な目標は、「12. つくる責任つかう責任」で45.3%ともっとも高く、「8. 働きがいも経済成長も」が43%
  • SDGsへ取り組んでいる企業に対しての印象を尋ねると、「社会に貢献している」が52.3%、「環境保全を意識している」が52%

調査概要

  • 調査対象:「ASKUL」に登録している25超の業種
  • 調査期間:2020年12月23日~2021年1月13日
  • 回収サンプル数:1,070


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5