SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

セールス・イネーブルメントを取り入れ、育成の投資対効果を可視化「Enablement App」が始動

2021/01/29 16:15

 R-Square & Companyが、営業育成の投資対効果を可視化する新アプリ「Enablement App」の提供開始を発表した。同サービスはセールスフォース・ドットコムが提供するビジネスアプリケーションマーケットプレイス「App Exchange」にて提供される。ローンチにともない、同社では2021年1月28日にウェビナーを開催した。

 

 オンライン商談や営業組織のDXが進むコロナ禍において、営業育成に課題を抱える企業も多い。また、コロナ禍以前から育成施策を実行しても、どの成果や行動、スキル・知識に連動しているのかを、ひと目でわかるようにすることや管理することは難しく、育成の投資対効果が測れないという課題も存在していた。

 このような背景を受け、R-Square & Companyは自社のノウハウをもとに、営業の「成果–行動–スキル/知識」を一気通貫で管理し、データドリブンで営業人材開発のPDCAサイクルを実現するクラウドサービス「Enablement App」を開発した。

 同社によれば、自社にとってベストな営業体制を構築するために必要なのは、「必要なスキルの再整理」「属人化しがちなノウハウの可視化」「成果と連動した育成の体系化」だ。

 Enablement Appは、営業成果と育成状況の相関性を可視化するダッシュボード機能や、各営業担当者の実力を測定・データ化するアセスメント機能を有するほか、ウェブトレーニング動画の配信も予定されている。トレーニング動画は同社が制作を行い、営業に必要な標準的なビジネススキルから、実務に活用できるテーマ、さらにはマネジメント層に向けたコンテンツなど10種類以上の動画コンテンツが準備されている。今後も提供される動画の数は増加予定だ。

 営業の育成と成果を結びつけて考える「セールス・イネーブルメント」はオンラインの育成が必要になっているいま、あらためて注目を集めている。今回のアプリケーションの活用を含め、セールス・イネーブルメントのカギを握るのが営業育成を社内でリードする「イネーブラー」という役割になる。今後の展望について代表の山下貴弘氏は、「1年間で数十社への導入」とともに「イネーブラーコミュニティの創設を目指す」と語った。

 

「Enablement App」の機能

  1. 営業成果と育成状況の相関をグラフで可視化する「Enablementダッシュボード」
  2. 営業プロセス・スキル・ナレッジを体系化した「Enablement スキルマップ」
  3. Enablementスキルマップに対する営業担当者の実力測定(5段階評価)とそのデータ化
  4. 多様化するソリューション営業に対応するさまざまなウェブトレーニング動画の配信
  5. 上司と部下の1on1ミーティング時のコーチング履歴管理機能
  6. SFAシステムと営業実績データとの連携で、営業成果と比較した育成分析


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5