SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

TISがマツリカのクラウド営業支援ツール「Senses」を導入 入力負荷・運用コストの低さが決め手に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 TISインテックグループの中核企業であるTISは、営業活動のデジタル化推進を目的にマツリカのクラウド営業支援ツール「Senses」を導入した。

 

 同社では、営業が把握する現場情報を共有する仕組みが整備されておらず、新しいサービスやソリューションの開発、TISとしての価値提案に結びつけることが難しい環境にあった。また、新型コロナウイルス感染症収束後の企業のDX投資加速に備えて、マーケティング・営業のデータ基盤の強化と生産性向上も課題として抱えていた。

選定理由

 TISは、上記の課題解決にあたって以下の要件を満たすシステムとしてSensesを選定。

(1)営業現場の入力や使い勝手を主軸に設計された営業支援ツール

 TISが今回の導入で最優先の選定軸としたのは、実際にデータを入力し運用していく営業現場にとって「入力負荷や運用コストが低いこと」であった。同ツールは、直感的なUIや設定カスタマイズコストなど、他社のCRMツールと比較して運用工数が低いことが選定の決め手に。

(2)既存データ資産の活用、エンタープライズiPaaSツール「Workato」とのデータ連携

 Sensesの導入に合わせてWorkatoを導入することにより、営業現場が日々使うグループウェア「Microsoft365」や、マーケティングオートメーションツール「Eloqua」など、社内基幹システムとのデータ連携を実現。SensesがWorkatoなどのiPaaSツールと連携していることで、大規模な個別開発費用や開発期間が不要となること、そして即座に外部ツールや社内システムとの連携を実現し、業務フロー効率化に貢献する点も評価された。

(3)システムインテグレーター業界の新しい営業活動のモデルに

 TISは今回の導入を起点とし、営業支援ツール・マーケティングインフラを活用した営業DXを自社で推進し、縦割りで属人的な営業活動が主流のシステムインテグレーター業界で、「新しい営業活動モデル」の創出を目指す。顧客中心であり営業現場ファーストの思想をかかげ、営業の新しい働き方の創造を目指すSensesの思想と合致し、導入を決定した。

 TIS株式会社 執行役員  音喜多功氏のコメント

 システムインテグレーターという業種は、ベンダー企業のように提供する製品の性能に頼ることなく、お客様にビジネスパートナーとして幅広い価値と最適なソリューションを提供する必要があり、それには属人的な対応では限界があります。また私たちは、市場が望む製品やサービスを自ら開発し提供することもコミットしています。

 これらを実現させるには、部門や組織ごとに獲得してくる情報をいかにしてつなぎ、活用できるかが大きなポイントとなります。また新しく入ってくる情報だけではなく、今まで獲得してきた情報資産も、きっちりと連携して活用しなければなりません。そのためにはシステムの柔軟性とデータ入力負荷が低いという特性を併せ持ち、手軽に使え、誰でもDXの恩恵を受けられる手軽なシステムが必要です。

 Sensesには、社内のDXをより促進させ、当社がお客様への提供価値を持続的に向上していくための中心的なシステムとして機能してくれることを心より期待しています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2193 2021/01/14 15:44

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング