SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

【1月9日~11日】週末3連休の人出予測 新宿エリアの人出は三が日の186%~203%と予測

2021/01/08 11:00

 クロスロケーションズは、自社で開発する位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の予測機能である「人流予測モデル(α版)」を用いて、1都3県への緊急事態宣言発令後、初の週末3連休(1月9日~11日)期間の人出予測結果を発表した。

 「人流予測モデル(α版)」は、位置情報ビッグデータの分析を基礎に、気象情報や新型コロナウイルス感染者数推移などの要因、任意の指定した場所で観測された人々の人流動態傾向データなどを考慮したクロスロケーションズ独自開発の予測モデル。同調査では、1都3県の主要駅、および繁華街を対象に人出予測を実施した。

 
緊急事態宣言発令後初の週末、「主要駅付近」の人出予測

 昨年の同時期(2020年1月11日~13日)と比較すると、新宿駅エリアでは 60~77%、渋谷駅エリアは36%~53%、横浜駅エリアは51%~68%、大宮駅エリアは83%~100%と、主要駅エリアで減少傾向になると予測。一方、先週末の正月三が日(2021年1月1日~3日)の人出と比較すると、新宿駅エリアは186%~203%、渋谷駅エリアは119%~136%、横浜駅エリアは127%~144%、大宮駅エリア207%~224%と、増加傾向を予測。

予測2. 緊急事態宣言発令後初の週末、「都内繁華街」の人出予測

 昨年の同時期(2020年1月11日~13日)と比較すると、浅草寺・浅草エリアでは53%~70%、六本木エリアは81%~98%と予測。一方、先週末の正月三が日(2021年1月1日~3日)の人出と比較すると、浅草寺・浅草エリアでは91%~108%、六本木エリアは155%~172%となることが予測された。

 

調査概要

  • Location AI Platformの「人流予測モデル」を使用し、調査を実施。
  • 対象地域は1都3県の主要駅や繁華街(新宿駅エリア、渋谷駅エリア、横浜駅エリア、大宮駅エリア、浅草寺・浅草エリア、六本木エリア)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5