SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

キャリアに不安がある一般社員ほど、異動の際は条件や環境への考慮を希望/リクルートMS調査

2020/10/08 05:00

 リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所は、企業に勤務する一般社員と管理職1,192名を対象に「異動とキャリア開発に関する意識調査」を実施した。

一般社員と管理職、それぞれが「異動」に抱く印象

 異動に関して、一般社員は管理職と比べて否定的な印象についての選択率が高く、肯定的な印象についての選択率が低い結果となった。

 

異動がキャリア開発のために有効だと感じた経験(一般社員)

 異動がキャリア開発に有効であると感じた経験に関して、一般社員は「過去に経験がない分野の仕事に取り組んだこと」「過去に接点のない人々と仕事に取り組んだこと」の選択率が高く、いずれも3割を超えた。

 

異動の際に考慮してほしいこと(一般社員)、把握したいこと(管理職)

 一部で選択率に異なる点はうかがえるものの、異動にあたって「考慮してほしい」「把握したい」が、一般社員と管理職それぞれに見られた。しかし、勤務地や勤務時間などは人材の活躍を支えるためには不可欠な要素ではある反面、管理職側はそうした制約事項すべてに対してケアをすることは難しく、結果に乖離が生じていることが推察される。相互理解のために、可能な範囲で人材情報の共有を実現する仕組みの整備が必要であると考えられる。

 

異動やキャリア開発のために知りたいこと(一般社員)

 「異動先で携わる仕事を遂行する上で必要な知識やスキルがわかること」「異動先の職場で行われている仕事の進め方がわかること」「異動先の上司の特徴がわかること」など、まずは異動というイベントが起こった際、異動先に適応する上で必要な情報への関心が相対的に高かった。また、自身のキャリア開発を長期的に検討する際に必要となる情報への関心も同じく高く示された。

 

キャリアに関する意識と、考慮してほしいこと・知りたいこととの相関係数

 一般社員のキャリアに対する不安の強さと、「異動の際に条件や環境を考慮してほしい」「異動やキャリア開発の際に必要な情報を把握したい」などの思いの強さとの間には相関関係がある。

 

調査概要

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5