SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

Sansanとプラリタウンが協業 クラウド名刺管理とオンライン名刺で中小企業のデジタル経営を推進へ

2020/08/20 08:00

 Sansan株式会社は、三井住友フィナンシャルグループ(以下、グループを総称してSMBCグループ)の子会社であるプラリタウンとマーケティングパートナーとして協業を行うことを発表した。

 プラリタウンが提供する、法人向けデジタルプラットフォーム上で、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を紹介することにより、両社は、国内中小企業のデジタル化を推進していく。

 Sansanはこれまで、クラウド名刺管理サービスの普及を通して、企業のデジタル化を後押ししてきた。

SMBCグループは、全国的な中堅中小の取引基盤に対し、金融サービスの提供にとどまらず、企業のデジタルトランスフォーメーションを強く推進。その活動のひとつとして、2020年5月26日にプラリタウンを設立した。同社では、提供するアプリ/ウェブサイトを起点として、SMBC取引企業に対し、企業活動に関わる業務(財務経理、営業、人事、法務、企画など)について、協業する企業のさまざまなビジネスアプリ/サービスの紹介を行う。

 今回、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進という観点で、両社のシナジーが生み出せると考え、協業を行うこととなったという。

 同協業において行うことは、次のとおり。

  • 主にSMBC取引企業が登録するプラリタウン上において、クラウド名刺管理サービス、またはオンライン名刺として、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を紹介
  • 共催セミナーの企画・実施を行い、SMBC取引企業を中心にデジタル化を推進


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5