SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

新入社員のエンゲージメントスコア維持・上昇、価値観の合致や配属先人間関係が重要に/アトラエ調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 People Tech事業を運営するアトラエは、エンゲージメント解析ツール「wevox(ウィボックス)」のデータを活用し、新入社員におけるエンゲージメントの年間推移を分析し、その結果を発表した。

 同分析の結果、4月入社の新入社員のうち6割以上が、

  • 入社から1年後にエンゲージメントスコアが低下
  • スコアの低下には6類型がある

 一方、新入社員のスコア上昇が起こった数少ない事例の分析により、新入社員の定着支援において非常に重要だと思われる要素も判明。同社はこれも合わせて発表した。

 分析結果の詳細は、次のとおり。

wevoxの全利用企業における新入社員のエンゲージメントスコアの変化

 上のグラフでは、2018年入社の新入社員のエンゲージメントスコアの推移を記した。4月から5月にかけて一度だけ上昇し、そのあとはほぼ単調に低下し続けることがわかる。同様の傾向は入社年次によらず見られ、中途入社の社員についても同様の傾向が見られた。4月から5月にかけてのスコア上昇は、新しい環境への慣れや周囲の人々との関係構築によると推察している。

 一方、5月以降のスコア低下については、少なくとも次のふたつの原因があると考察。

  • 入社時の過度な期待が、適正値に修正されることによるエンゲージメントスコアの低下(妥当なレベルに落ち着く)
  • 望まざる何らかの要因によるエンゲージメントスコアの低下

 前者に関してはある程度仕方ない面があると言えるが、後者については改善の余地があると考えられるとして、入社時からのスコア変化を、機械学習の手法(k平均法)を用いて分類。おおむね8類型に分かれることがわかった。

横軸:入社からの経過月数、縦軸:エンゲージメントスコアの入社からの変化
目盛:縦軸の1目盛りがスコア約14点に対応

 

 うち6種類においては、次のタイミングで急激なスコアの低下を経験していることがわかる。

低下時期 6月 7月 9月 10月 11月 12~1月
該当色 灰色 橙色 桃色 紫色 赤色 青色
出現頻度 3.8% 11.1% 9.7% 7.0% 6.6% 11.8%

 このことより、新入社員のスコアは徐々に低下するのではなく、特定の月に大幅に下がることがわかる。具体的には、研修の開始や切り替えまたは終了、配属の決定など、環境の変化や、大型連休または年末年始などの季節的な要因が大幅なスコア低下をもたらすと推察できる。

 とくに5月から6月に大幅なスコア低下を経験するグループ(灰色)は、分析対象全体における出現頻度は高くないものの、もっともスコア減少が激しく、かつほとんどの場合でスコアが一切回復しないなど、のちに悪影響となる後遺症を残すこともわかった。

新入社員のエンゲージメントスコアが維持・上昇する事例について

 レバレジーズ協力のもと、新入社員のエンゲージメントスコアについて分析した。

 上グラフでは、入社時よりエンゲージメントスコアが改善している部署に所属する新入社員のスコア推移を、9つのジャンルごとにまとめた。(黒線は基準となるスコア水準)

 これを詳細に分析することにより、次のふたつが新入社員のエンゲージメント維持・向上において重要であると考えられる。

  • 企業の価値観にマッチしている人材を採用すること
  • 上司や同僚との人間関係

 上記スコアを見ると、約25%の部署で「支援」「人間関係」「承認」のスコアが入社時より大きく上昇しており、これらの項目が新入社員のエンゲージメントスコアを改善させる要因になっていることが分かった。この結果から、配属された部署やチームメンバーとの関係性が新入社員のエンゲージメントにとって非常に重要であることが推察される。

 また、入社時よりエンゲージメントスコアが改善している部署には、「理念戦略」「組織風土」のスコアが入社時から一貫して高い部署が多い。これは、社員のエンゲージメントを低下させないためには入社後の研修や定着などの人事施策のみならず、採用時から自社の理念や文化、組織のあり方などに共感する人材を採用することが重要であることを示唆している。これにより、新入社員のエンゲージメントスコアの維持・上昇には、自社の価値観に合う人材の採用や、入社後の同僚及び上司との関係性が非常に重要であることが確認された。

 なお、「職務」「自己成長」「健康」「環境」のスコアについては、特段の傾向は見られなかった。新入社員のエンゲージメント維持・向上という観点では、これら項目群の役割は、今回の分析結果からは発見できなかった。

研究概要
  • 内容:wevoxの全利用企業における新入社員のエンゲージメントスコアの変化
  • 対象:wevox利用企業に2018年4月、および2019年4月に入社した新卒社員のうち、サーベイへの継続回答などの条件を満たした人
  • 人数:610名
  • 回答データ数:約15万件(610名の新入社員の1年〜2年分の回答データ)
  • 期間:2018年4月~2020年3月

 

  • 内容:新入社員のエンゲージメントスコアが維持・上昇する事例について
  • 分析協力企業:レバレジーズ株式会社
  • 対象:2019年4月入社の新卒社員
  • 人数:約200名
  • 回答データ数:約3万件(約200名の新入社員の1年分の回答データ)
  • 期間:2019年4月~2020年3月

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1552 2020/05/29 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング