SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

パラレルキャリア・副業を許可する企業、ミドル世代の86%が「転職先として魅力的」と回答/ミドルの転職

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 エン・ジャパンが運営するミドル世代向けの転職サイト「ミドルの転職」は、サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に「パラレルキャリア/副業」についてアンケートを実施。その結果を発表した。

パラレルキャリア:スキルアップや自己実現、人脈形成といった金銭的報酬以外を目的に、本業を持ちながら本業とは異なる仕事をすること

副業:金銭的報酬を目的に、本業を持ちながら本業とは異なる仕事をすること

調査結果

 本業以外の活動(パラレルキャリア/副業)をしているかたずねた。その結果、25%が「している」(パラレルキャリア・副業の両方をしている:5%、パラレルキャリアをしている:7%、副業をしている:13%)と回答。年代別では40代、在籍企業別では従業員数「1~9名」規模、年収別では「1200万円~1499万円」で実施率が高くなった。

 パラレルキャリア/副業を始めた理由をたずねたところ、「複数の収入源をもち、経済的に安定するため」(56%)がもっとも多くなった。

 パラレルキャリア/副業の具体的な活動内容をたずねたところ、「単発の仕事」(44%)がもっとも多くなった。30代のみでは「単発の仕事」「長期(3ヶ月以上)の仕事」が同率1位(38%)となった。

パラレルキャリア/副業の具体的な活動内容

▼単発の仕事

  • ライティング業務(40代/女性)
  • 業務コンサルティング(50代/男性)

▼長期(3ヶ月以上)の仕事

  • 学会運営補助(30代/男性)
  • フィットネストレーナー(40代/男性)

▼株式投資

  • 国内株式や積み立てNISA(30代/女性)
  • FX、CFD、外国株式(40代/男性)

▼その他

  • 農業(40代/男性)
  • アフィリエイトによる広告収入(50代/男性)

 パラレルキャリア/副業によって得られたことをたずねた。その結果、「副収入」(30%)がもっとも多くなり、「新たなスキルの習得」(16%)、「人脈形成」(14%)と続いた。

 パラレルキャリア/副業によって得られた年収をたずねた。「10万円未満」(34%)がもっとも多くなった一方、2割が「100万円以上」と回答した(100~300万円未満:12%、300~500万円未満:4%、500~1000万未満:2%、1000万円以上:2%)。

パラレルキャリア/副業によって得られたこと

▼副収入

  • 収入が安定することで、精神的にも落ち着いて本業に取り組める(50代/男性)
  • 趣味に費やせる額が増え、休日が充実している。副業先の仲間との飲み会がストレス発散にもなる(50代/男性)
  • 老後の生活資金にまわしている(50代/男性)

▼新たなスキルの習得

  • AWSに関する知識と構築経験(40代/男性)
  • 本業では使わないような考え方が刺激になる。以前と違う角度で捉えることができ視野が広がった(40代/女性)
  • 普段と異なる作業環境や人間関係の中で思わぬヒントが得られ、本業に活かせることがある(50代/男性)

▼人脈形成

  • 本業だけでは出会えなかった方々と知り合えた(40代/男性)
  • 関係者から紹介されてまた新たな人脈が広がった(40代/男性)
  • セカンドキャリアに向けた経験、及び人間関係の構築ができた(50代/男性)

 パラレルキャリア/副業に「取り組んでいない」と答えた層を対象に、本業以外の活動に興味があるかたずねた。その結果、85%が「興味がある」(パラレルキャリアに興味がある:14%、副業に興味がある:28%、パラレルキャリア・副業いずれも興味がある:43%)と回答した。

 パラレルキャリア/副業に「取り組んでいない」と答えた層を対象に、本業以外の仕事をしていない理由をたずねた。その結果、「会社がパラレルキャリア・副業を禁止している」「始め方がわからない」(同率39%)がもっとも多くなった。

本業以外の活動(パラレルキャリア/副業)をしていない理由

▼会社がパラレルキャリア・副業を禁止している

  • 以前は副業をやっていたが、転職先の入社条件が「副業を一切しないこと」だったので副業をやめた(30代/男性)
  • 何度か会社に打診をしたが、会社として認められないとの回答があり、社則にも禁止として記載されるようになってしまった(40代/女性)

▼始め方がわからない

  • Salesforceの勉強をしてみたが、実際に業務を行える自信がなく、どう活かせるかがわからない(40代/女性)
  • 取り組みたいと思うが、始め方や対象、また時間の捻出が難しい(40代/男性)

▼本業が忙しい

  • 本業が固定残業時間を設定していて、残業がない日がなく、副業に充てる時間が取れない(40代/男性)
  • 子供が居るため、あまり時間に自由がない(40代/男性)

 現在(もしくは直近)の会社の就業規則でパラレルキャリア/副業は許可されているかたずねた。その結果、52%が「許可されている」(許可されている:27%、原則禁止だが、条件を満たした場合は許可されている:25%)と回答した。

 パラレルキャリア/副業が許可されている企業は転職先として魅力的だと思うかたずねた。その結果、86%が「魅力的だと思う」(とても魅力的だと思う:47%、やや魅力的だと思う:39%)と回答した。

調査概要

  • 調査方法:インターネットによるアンケート
  • 調査対象:「ミドルの転職」を利用する35歳以上のユーザー
  • 調査期間:2023年7月11日~2023年9月10日
  • 有効回答数:1,743名

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5362 2023/11/25 05:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング