SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

トヨタ、基幹システムと販社280社の営業支援システムをつなぐ「DataSpider Cloud」採用

2019/04/25 11:00

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)は販売会社で使用されている営業支援システムのSalesforceと基幹システムをつなぐデータ連携基盤として、セゾン情報システムズとテラスカイが共同開発したクラウド型データインテグレーションサービス「DataSpider Cloud」の採用を決定した。2018年7月より7店でトライアル運用を開始しており、2019年4月より国内にある280のトヨタ販売会社での運用を順次開始していく。

 

 現在トヨタでは基幹システムと営業活動支援システムとを連携させ、取引ごとにバラバラに蓄積されていた顧客情報を一元化するとともに、セールス・サービス両スタッフの働き方をデジタル化する取り組みを進めている。

 テラスカイは、基幹システムとSalesforceをつなぐ連携基盤として、「DataSpider Cloud」とAWSを組み合わせ、規模の拡大・縮小を容易に対応できるクラウド型データ連携システムを提案。トヨタは、販売会社の大小によって、また現場改善の進度・深度により変化する連携度合に対応するため、柔軟でスケーラブルなクラウドサービスと大量データを確実にサポート可能なAWSプラットフォームを評価。加えて、既存システムやオンプレミスでの新規構築と同等の初期・運用トータルコストで抑えられること、環境構築から運用・保守まで一貫した対応が可能であることを評価し、テラスカイの提案を採用した。

 運用開始後には、全国の販売会社における安定的運用を確実にするため、テラスカイのクラウド専門のMSP子会社であるスカイ365とともに、運用・保守の支援を行う予定。

 トヨタのIT部門は以下のようにコメント。

 「このたびは、来たるモビリティ社会における『トヨタとお客様の関係づくり及び販売店の働き方改革』の中核となる次期営業活動支援システムの実現に向け、新たなデータ連携基盤構築を、クラウドの技術と知見に長けたテラスカイに委託いたしました」(トヨタ自動車 コーポレートIT部 部長 中野巌氏)

 「AWSとDataSpider Cloudの構築から運用・保守に至るまで一貫したサポートをお任せできるテラスカイを信頼し、今回指名させて頂きました。既に販売会社での運用は始まっており、お客様との長期的な関係性を築いていく為の本システムが真に活用され、これを安定的に支えていく基盤となる事を期待しています」(トヨタ自動車株式会社 コーポレートIT部 室長 度会裕志氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5