SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

営業の仕事は「売る」ことなのか? 「Buyer Enablment」をめぐる冒険

2024年7月12日(金)13:00~18:20

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

トップメッセージに納得しない理由「現場を理解していないように感じる」が最多/レンズアソシエイツ調査

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena

 レンズアソシエイツは、従業員数100名以上の企業で働く“経営者から発信されているトップメッセージに納得していない”一般社員107名を対象に、トップメッセージへの「忖度」に関する実態調査を実施。その結果を発表した。

  • 調査概要:トップメッセージへの「忖度」に関する実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年10月21日~同年10月23日
  • 有効回答:経営者から発信されているトップメッセージに納得していない、従業員数100名以上の企業の一般社員107名

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。

調査結果

 経営者から発信されているトップメッセージに納得していない理由をたずねた。「現場のことを理解していないように感じるから」(61.7%)がもっとも多く、「時代の流れにあっていない方向性だと思うから」(37.4%)、「方向性が間違っているように感じるから」(23.4%)が続いた。

 トップメッセージが腑に落ちていないのに、理解したフリ(忖度)をしていることはあるかたずねた。14.9%が「かなりある」、42.1%が「ややある」と回答した。

 Q2で「かなりある」「ややある」と答えた回答者に、トップメッセージが腑に落ちていないのに、理解したフリ(忖度)をしている理由をたずねた。「理解したフリ(忖度)をした方が楽だから」(57.4%)がもっとも多く、「どうせ自分の意見を伝えても無駄だから」(52.5%)、「同僚/上司もみんな理解したフリ(忖度)をしているから」(32.8%)が続いた。

トップメッセージが腑に落ちていないのに、理解したフリ(忖度)をしている理由

(Q3で「わからない/答えられない」以外を答えた回答者・自由回答・一部抜粋)

  • まったく筋の通らないメッセージに対して反論しても、その意見を変える気が経営者にないため、何を言っても無駄(29歳)
  • 反発すると遠隔地への異動を命じてくる例があったので(30歳)
  • クビになりたくないから(30歳)
  • 末端の意見なんて聞かない(28歳)
  • 言っても俺がただしいと言いくるめられそうだから(27歳)
  • 一個人が反発したところで揉み消されて終わりだから(29歳)
  • キリがない(29歳)

勤め先の経営者に対してリクエストしたいこと

(Q2で「かなりある」「ややある」と答えた回答者・自由回答・一部抜粋)

  • お客様満足度を上げたいならば、現場の社員の満足度をまず上げるべき(29歳)
  • 最新の情報、社会に目を向けてほしい(28歳)
  • とくにないです。言っても無駄(30歳)
  • 先代が亡くなられたため、経営者となられたが、経営者としての素質があるとは言えないため、ほかの方に道を譲っていただきたい(29歳)
  • もっと現場に赴いて、現場の人間の動きを見たり、聞いたりしてほしい(30歳)
  • 従業員のことをもう少し考えたほうがいい(35歳)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/4184 2022/11/02 06:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年7月12日(金)13:00~18:20

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング