SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

Scale Cloud、新たに「自動予測」「着地見込」機能を実装へ 業績目標の達成度合いに着目

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ビーワンカレッジは、同社が提供するScale Cloudにて「自動予測機能」および「着地見込機能」を新たにリリースした。

 企業が目標管理において課題感を抱えるポイントのひとつに、「年間計画に対する着地見込みの精度の低さ」が挙げられる。年間計画は時期要因も影響するため見込みが立てづらく、また、何をどの程度取り組めば良いのかが感覚的になりがちで、業績目標の達成度が低くなる傾向がある。こうした課題に着目し、「自動予測機能」と「着地見込み機能」が実装された。

自動予測機能

 過去の実績データの傾向から、将来の予測値を自動でシミュレーションする。また、予測値と計画値との差分が明確になり、ユーザーは「現状、計画値に対してどの程度未達成になりそうか」「計画値を達成するために何をすべきか」を逆算で考えるヒントを得られる。

 

着地見込機能

 年度の着地見込値と計画値の差分をワンクリックでかんたんに確認することが可能に。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3303 2022/03/10 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング