SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

上司からの飲みの誘い 7割以上が「断る」 上司からは「各自の判断でよい」の声/NEXER調査

2021/04/13 05:00

 日本トレンドリサーチが、全国の男女1,020名を対象とした「仕事上の飲み会」に関するアンケートを実施した。

上司からの飲みの誘い「断る」が7割以上 取引先からの誘いを断るのは6割以上

 上司から飲み会に誘われて「行きたくない」と思ったときの行動パターンについて選択式で尋ねると、「申し訳なさそうにしながら断る」が56%ともっとも多く、「断固として断る」の14.3%と合算すると、70.3%の方が「断る」旨を回答した。

 

 取引先からの飲みの誘いに関しては、「申し訳なさそうにしながら断る」が49.4%ともっとも多く、「断固として断る」の10.8%と合算すると、60.2%が取引先相手であっても「断る」と回答した。一方、「『行きます』と即答する」が26.2%、「渋るニュアンスは出しつつ、行く」が13.6%で、上司から誘われた場合と比較すると「行く」の割合は増加していた。

 

頻繁な飲み会の誘い、「プライベートの時間が削られるので不快」が37.5%

 頻繁に飲み会に誘ってくる上司・取引先に対する所感を尋ねると、「プライベートの時間が削られるので不快」が37.5%ともっとも多く、次いで「仕事の一部なので気にならない」が24%と続いた。

 

 なお、部下が自分の飲みの誘いを断ることについて「上司」の役職者に尋ねると、78%が「各自の判断で良い」と回答した。

 

調査概要(日本トレンドリサーチとダイヤモンド・オンラインによる共同調査)

  • 調査期間:2021年3月15日~19日
  • 集計対象人数:1,020人
  • 集計対象:20〜70代までの男女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5