SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

「リモートテック カオスマップ2021年度版」が公開へ 全72カテゴリー621サービスが掲載

2021/02/10 06:00

 CAMELORSが、「リモートテック カオスマップ2021年度版」を作成・公開した。昨年から300以上のサービスを追加・更新し、72カテゴリー、621のサービスがまとめられた。

[画像をクリックで拡大]
[画像をクリックで拡大]

カオスマップの傾向

1. 営業・販売促進のオンライン上での完結を実現するツールやサービスが増加

 自社・顧客のリモートワーク移行にともない、企業問い合わせフォームへのアプローチサービス、オンラインイベント開催ツール、日程調整ツールなど、オンラインでの営業を円滑化させるツールやサービスが増加。

2. 社内コミュニケーション・会議を活性化させるツールの増加

 リモートワークの長期化にともない、社内コミュニケーションの希薄化や会議の生産性低下などの課題が顕在化。これらを解決するツールとして、ウェブ会議周辺ツールや、出社に近い体験が得られるバーチャルオフィス、ホワイトボードのオンライン化などのサービスが増加。

3. バックオフィス領域のサービスが進化

 バックオフィス業務のIT推進は、コロナ禍以前より重要課題のひとつであったが、リモートワーク下においてはデジタル化の動きが加速。こうした需要拡大の背景の元、他サービスとのAPI連携や、各種申請のペーパーレス化など、バックオフィス系サービスはさらに進化した。

4. 組織マネジメント周辺のサービスが増加

 リモートワーク環境下での組織マネジメントは、従来型の手法を踏襲するだけでは成果が上がりづらく、どのように遠隔でマネジメントしていくか・組織をリードしていくべきか、試行錯誤するマネージャーも少なくない。組織メンバーの状態を観測するツールから、エンゲージメント向上サービス、オンラインでも利用が可能な福利厚生サービスなどが増加。そのほかにも、オンライン1on1を外部に委託するサービスも増加し、自社で行われてきた組織マネジメントを外部で補完する動きも。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5