SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

Clubhouseを「知らない」は約8割 利用者と利用意向者は全体の2%/LINEリサーチ調査

2021/02/02 17:45

 LINEリサーチは、日本全国の15歳~59歳の男女を対象に、音声SNSサービス「Clubhouse(クラブハウス)」に関する調査を実施した。

「Clubhouse」の認知は2割弱 「現在使っている」「招待待ち」の割合は2%

 音声SNSサービス「Clubhouse」を知っているか、また、知っている場合は使っているかを尋ねた。1月30日の調査時点では、サービスを「知っている」割合は全体で2割弱、「知らない」は約8割という結果に。「知っている」割合は、ほかの年代と比較して10~20代が高く、10代では26%、20代では34%であった。実際に「現在使っている」という利用者、または「招待待ち」という利用意向者の割合は、全体の2%という結果に。

 

「使ってみたい」割合は2割強 10代の利用意向がもっとも高い傾向

 「Clubhouse」のサービス概要を確認してもらい、「使ってみたいと思うか」を尋ねる設問では、「使ってみたいと思う」旨の割合は全体で22%、「使ってみたいと思わない」旨の割合は54%という結果に。なお、10~20代はほかの年代と比較して利用意向が高く、「どちらともいえない」の割合は年代が上がるほど高まった。

 

「使ってみたい理由」と「使ってみたいと思わない理由」 招待制度に賛否の声も

 「使ってみたいと思う」と回答した人、そして「使ってみたいと思わない」と回答した人それぞれに理由を問う設問を設けた。

「使ってみたいと思う」理由
  • 文字だけでは伝えられない感情を表現できるのはとても楽しそう(女性/20代)
  • 話題だし、どんなものか試してみたい 流行に乗遅れたくない(男性/30代)
  • 直接会って話すことが避けられる世の中で、文字だけでなく声で会話できるのはいいと思う(男性/10代)
  • オフレコの話が聞ける(男性/40代)
  • 招待制ということで、治安がいいと思うから(男性/30代)
  • 自分の好きな著名人が利用しているため(女性/10代)
「使ってみたいと思わない」理由
  • 音声でつぶやきたい内容がとくになく、他人にオープンな状態で自分の声を聞かれるのはあまりいい気がしないから(女性/30代)
  • 招待を転売してると聞いて、イメージが悪いから(男性/40代)
  • 音声で何かやりとりするのがあまり好きではない(男性/20代)
  • Twitterもたまに見るだけで自分から発信することがあまりないので、音声版Twitterを使うとは思わないから(男性/40代)
  • 人と話すのが苦手なので躊躇いがある。今使っているTwitterだけで十分(女性/20代)
  • サービス内容を見て、既存のSNSで十分だと思ったため(女性/30代)
  • 音声は恥ずかしい(男性/50代)
  • プライバシーが心配だから(女性/10代)

調査概要

  • 調査方法:LINEユーザーを対象にしたウェブ調査
  • 調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
  • 実施時期:2021年1月30日~1月31日
  • 有効回収数:1,054サンプル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5