SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

アフターコロナにおける「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ2021年版」が公開

2021/01/13 05:00

 サブスクリプション事業者向けLTV/解約率を改善するサービスを提供するKiZUKAIが2021年版の「toCサブスクリプションサービスのカオスマップ」を公開した。

 

2021年版カオスマップの特徴

 カオスマップでは、「デジタルコンテンツ」「サービス・健康・教育」「物品・レンタル」の3つを大枠カテゴリーとして設定。2021年版の特徴として、新型コロナウイルスの影響で増加した「在宅時間」と相性の良いサービスの拡大が推察された。

デジタルコンテンツについて

 「動画共有サービス」「無料の動画配信サービス」「有料の動画配信サービス」など、インターネット上の動画利用が伸長。

サービス・健康・教育について

 新型コロナウイルスの影響で全国的に在宅勤務が普及し、社会人を対象としたオンライン学習サービスが伸長を見せた。利用者数が前年比で5倍以上増加したサービスも。

物品・レンタルについて

 コロナ禍の中、車、家具、衣料品、絵画や花などの「生活に彩りを添える」分野のサブスクリプションサービスが台頭。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5