SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

「DX Sales for Microsoft Teams」提供を開始 データ連携でリスクを早期発見

2020/09/17 08:00

 SBテクノロジーは、オンラインの営業活動を可視化する新サービス「DX Sales for Microsoft Teams」の提供を開始した。

 

 コロナ禍を経て、ニューノーマルに対応した新しい働き方としてテレワーク定着の取り組みが加速。企業の営業活動においても、商談や定期訪問といった顧客とのコミュニケーション方法も、テクノロジーを活用したテレワーク化の取り組みが進んでいる。

 移動をともなわないオンラインの営業活動は時間を有効活用できる一方で、営業の現場からは「日報入力などの業務負担が増えた」「案件情報や営業活動の共有・可視化が難しい」といった悩みが挙がる。案件の情報や顧客対応の状況を共有するための日報入力が滞ると、顧客対応の遅延など、営業機会の損失につながってしまうため、オンラインでの営業を推進している組織にとって「現場に負担をかけない、活動の可視化」は喫緊の課題となっていた。

 本サービスでは、顧客とのオンライン会議で活用されるMicrosoft TeamsをはじめとしたMicrosoft 365と、顧客管理ツールMicrosoft Dynamics 365のデータ連携により、オンラインでの営業活動をMicrosoft 365を介して自動で取りこみ、可視化。顧客対応の遅延などを早期に発見することができる。

 加えて、対顧客のオンラインでの活動が自動的にMicrosoft Dynamics 365に登録されるため、営業現場における日報登録の負担も軽減される。ここで作成される可視化レポートは、Microsoft ExcelとMicrosoft Power BIの2種類。Microsoft Excelのレポートは、顧客への訪問計画と実績を一覧で比較することにより、未対応顧客の把握が可能。一方、Microsoft Power BIによるレポートは、アクティビティの内訳などの直感的な確認が可能に。顧客対応と活動のスピーディな分析から、見落とされがちな顧客サポートの弱点やリスクを顕在化し、データを踏まえた適切なアクションプランの作成が可能となる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5