SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

67%がコロナ禍で「在宅時間増」、1割は副業開始 2018年から副業開始が増加傾向/MMD研究所調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 MMD研究所は、コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第34弾として「2020年 コロナ禍におけるビジネスパーソンの生活実態と副業に関する調査」を実施した。

コロナ禍で「収入減」31% 7割以上が今後の生活に不安感

 新型コロナウイルスの影響で収入と支出に変化があったか聞いたところ、収入が「変わらない」は65.7%、「減った」は31.2%、「増えた」は3.1%となり、支出が「変わらない」は51.3%、「増えた」は28.9%、「減った」は19.8%という結果となった。

 続いて、新型コロナウイルスの影響で今後の生活についてどう思うか聞いたところ、「今後について不安を感じる」は76.8%、「今後について不安を感じない」は10.5%、「どちらでもない」は12.7%であることがわかった。

ビジネスパーソンの67%はコロナ禍で在宅時間増 1割は副業・ギグワーク開始

 新型コロナウイルスの影響で在宅時間が増えてよかったと思うことを複数回答で聞いたところ、もっとも多かったのは「自分の時間が増えた」で25.3%、次いで「家族と過ごす時間が増えた」が21.3%、「通勤ストレスが解消された」が16.7%となった。

 前問で、在宅時間が増えたと回答した1,454人に新型コロナウイルスの影響によって在宅時間が増えたことから始めたことについて複数回答で聞いたところ、「部屋の片づけ・模様替え」が27.3%ともっとも多く、次に「自炊・お菓子作り」が15.6%、「運動」が15.5%、「副業、ギグワーク、ポイント活動」が10.5%となった。

 年代別に見ると、すべての年代に共通して「部屋の片づけ・模様替え」がトップで、とくに50代が32.6%でもっとも多かった。「副業、ギグワーク、ポイント活動」は20代が最多で12.9%となり、もっとも低い50代と比べると5.2ポイント差で上回る結果に。また、「学習、資格取得」も20代が11.7%、30代が10.0%と若い世代が多かった。

 次に、在宅時間が増えたことから副業、ギグワークを始めた113人を対象に、どのような仕事で副収入を得たか複数回答で聞いたところ、上位から「フリマアプリ(メルカリ・ラクマなど)」が33.6%、「投資(株・債権・投資信託)」が29.2%、「クラウドソーシング」が16.8%となった。

会社から副業許可24%、現在副業をしている人は14%に

 企業や公共機関で勤務していない人を除く1,980人を対象に、本業の勤務先では副業が認められているか聞いたところ、「勤務先は副業を禁止している」が45.6%、「わからない」が30.8%「勤務先は副業を許可している」が23.7%となった。

 次に、回答者全員に新型コロナウイルスの影響に関係なく、現在副業をしているか聞いたところ、「副業をしている」と回答した人は14.3%だった。

半数以上が副業に関心 始めてみたい職種トップは「事務作業・データ入力」、副業している人は「投資」が最多

 現在「副業をしていない」と回答した1,859人に、副業に関心はあるか、新型コロナウイルス流行下での意向も含めて聞いたところ、「副業を開始する予定がある、サイトに登録のみしている」は2.5%、「コロナウイルス流行をきっかけに、副業に関心を持った」は12.2%、コロナウイルス流行以前から副業に関心を持っていた」は38.6%「副業に関心はなく、始めたいとは思わない」は46.7%となった。

 副業をしている272人、副業を開始する予定がある43人を対象にあてはまる職種、副業に関心がある867人を対象に、興味のある職種をそれぞれ複数回答で聞いたところ、副業している人は「投資(株・債権・投資信託)」が22.4%でもっとも多く、次に「事務作業、データ入力」が9.9%、「アフィリエイト」が8.5%となり、副業する予定の人は「オークション・せどり」と「投資(株・債権・投資信託)」が16.3%でもっとも多く、次に「接客業」と「事務作業、データ入力」が11.6%、「ネット通販」が9.3%と続いた。副業に関心がある人は「事務作業・データ入力」が最多で23.3%、次に「投資(株・債権・投資信託)」が20.3%、「覆面調査」が18.1%という結果となった。

副業を開始した人は2018年以降に増加傾向

 副業をしている272人に副業を開始した時期を聞いたところ、「2016年12月以前」が32.4%ともっとも多く、次に「2020年4月~6月」が10.3%、「2020年1月~3月」が8.8%となった。また、緊急事態宣言が発令された2020年4月7日を含む2020年4月~7月中に開始した人は16.2%となった。

副業をしている・したい理由「収入・貯金を増やすため」「お小遣い稼ぎ」「隙間時間活用」

 副業をしている272人には副業をしている理由、副業を開始する予定がある43人と副業に関心がある867人を合わせた910人には副業をしたい理由をそれぞれ複数回答で聞いたところ、上位項目は共通で「収入を増やすため」で副業をしている人が52.2%、副業に関心がある人が46.3%ともっとも多く、次いで「お小遣いを稼ぎたいため」は副業をしている人が34.6%、副業に関心がある人が44.1%、「貯金を増やすため」は副業をしている人が30.9%、副業に関心がある人が34.6%と続いた。

調査概要
  • 調査期間:2020年7月22日~2020年7月27日
  • 有効回答:2,169人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:スマートフォンを所有する20歳から59歳のビジネスパーソンの男女

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1804 2020/08/28 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング