SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

夏の賞与、半数以上が「減額・支給なし」 支給額増えても満足しているのは4割未満に/「Re就活」調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 学情は、新型コロナウイルスの影響で、賞与の支給額を減額したり、支給を見送る企業が増えていることを受け、20代の転職希望者を対象に「夏の賞与」に関するアンケートを実施した。同調査の結果は、次のとおり。

夏の賞与は「減った」「支給されなかった」が54.1%

 夏の賞与は「やや減った」14.1%、「減った」19.2%、「支給されなかった」20.8%となっており、54.1%が「減った」または「支給されなかった」と回答。「昨年と同水準」は28.8%となっており、「増えた」「やや増えた」の回答は17.2%にとどまった。夏の賞与は、新型コロナウイルスの影響で、賞与の支給額を減額したり、支給を見送る企業が増えており、その影響を受けた結果となっている。「賞与額を見て、転職を考えた」「賞与が減って、年収が減るのは困るので転職したい」などの声があがっており、夏の賞与をきっかけに転職希望者が増加する可能性が考えられる。

支給額が増えても満足している人は4割未満 「緊急事態宣言中の働き方」も満足度に影響か

 賞与の支給額が増えた人では、「満足」15.3%、「やや満足」22.2%となっており、「満足している人」は4割に満たない結果になった。満足している理由は、「新型コロナウイルスの影響があるなか、支給されたから」が最多で48.1%、次いで「期待していたよりも支給額が多かったから」29.6%、「今年は支給されないかもと思っていたから」25.9%となっており、支給額の減額や支給の見送りをする企業が増えているなか、昨年よりも支給額が増えたことに満足している様子がうかがえる。

 一方、賞与の支給額が増えた人でも、「不満」13.9%、「やや不満」21.5%となっており、「満足している人」とほぼ同じ割合に。不満に感じた理由は、「期待していたよりも支給額が少なかったから」が最多で58.8%、次いで「緊急事態宣言中も出社していたから」52.9%、「感染リスクを抱えながら仕事をしていたから」35.3%となった。「緊急事態宣言中も出社していたから、その分を賞与などでケアして欲しかった」「新型コロナウイルスの感染リスクを抱えながら接客していたので、賞与でのフォローを期待していた」などの声があがっており、「緊急事態宣言中の働き方」も賞与の満足度に影響していることがうかがえる。

支給額が減った人の7割以上が「不満」

 賞与の支給額が減った人では、「不満」50.0%、「やや不満」25.0%となっており、7割以上が「不満」と回答している。不満に感じた理由は「昨年よりも支給額が減ったから」が最多で60.3%、次いで「緊急事態宣言中も出社していたから」50.0%、「期待していたよりも支給額が少なかったから」47.4%。「支給額が減ったこと」や「期待を下回ったこと」で不満に感じている人が多いことがわかる。「賞与が減ったことで転職を検討し始めた」「もともと転職を考えていたが、賞与が減ったことが転職を本格的に考えるきっかけになった」などの声があがっており、夏の賞与をきっかけに転職希望者が増加する可能性が考えられる。

 一方、賞与の支給額が減ったものの、「満足」「やや満足」とした人は10.6%。満足している理由は、「今年は支給されないと思っていたから」最多で36.4%、次いで「休業や交代勤務で出勤日が減るなか、支給されたから」「新型コロナウイルスの影響があるなか、支給されたから」がそれぞれ27.3%となりました。「出勤回数が減るなか支給されたこと」や「支給額は減ったものの期待以上だったこと」に満足していることが推察される。

調査概要
  • 調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
  • 調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
  • 調査期間:2020年7月10日~2020年7月15日
  • 有効回答数:383名
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1710 2020/07/21 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング