SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

電通デジタル、データ統合活用とAIドリブンな営業活動を実現するコンサルティングサービスを提供開始

2020/07/10 06:00

 電通デジタルは、セールスフォース・ドットコムが提供するCRM(顧客関係管理)/SFA(営業支援システム)ツール「Salesforce Sales Cloud」とDataRobot Japanが提供するエンタープライズAIプラットフォーム「DataRobot」の連携ソリューションを活用したコンサルティングサービスを提供開始する。

 DataRobotは、透明性のある高精度の予測モデルを迅速に作成することが可能なエンタープライズAIプラットフォーム。世界トップクラスのデータサイエンティストの知識、経験、ベストプラクティスが組み込まれており、高度な予測精度と自動化により、AI主導型企業の取り組みをサポートする。

 近年、企業の営業組織において営業効果を最大化させるための精緻なリードスコアリングのニーズが高まりを見せている。それを確実に実行するためには、企業が保有するCRM/SFAによる内部データだけではなく、ウェブログ、アンケートデータ、ウェビナー参加データ、各種3rdパーティデータなどの「外部データ」も取り入れ連携したうえで分析する必要がある。しかし、営業組織内でこれらの複数データを統合するためには膨大な時間と作業量、および高い技術が必要となり、現状は多くの企業が適切なスキルを持った人的リソース不足という課題に直面しているという。

 そのような背景を受け、今回Salesforce Sales CloudとDataRobotの連携が実現。膨大な複数データの統合とAIによる高精度なリードスコアリングが可能となった。

 具体的には、まず、Salesforce Sales Cloudと外部データをDataRobot社が提供するデータプレパレーション基盤(データ前処理)「DataRobot Data Prep(旧Paxata)」によってデータ統合。次にそのデータをもとに、「DataRobot Auto ML」がAIによって膨大なデータ分析モデルの中から最適なモデルを自動で構築し、高精度なリードスコアリングを行う。

Salesforce Sales CloudとDataRobotの連携ソリューションの概要
Salesforce Sales CloudとDataRobotの連携ソリューションの概要

 この自動化により、スキル・人的リソースの問題が改善され、多様なデータソースを連携したスコアリングをより幅広い営業組織で行う事が可能となった。また、結果だけを表示するのではなく、スコアの分析理由も確認することができ、営業担当者はAIの算出した結果に納得したうえで、実際のアクションにつなげることができるという。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5