SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

テレワーク利用企業、約2ヵ月で3.4倍 9割が継続に前向きも急な導入で課題残る/インフォマート調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 インフォマートは、「BtoBプラットフォーム 請求書」を利用している会員2,756名に、「テレワーク」についてのアンケート調査第2弾を実施。その結果を発表した。

 全国で緊急事態宣言が解除されたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための自粛が続くことが予想される。同社が3月に実施した前回の調査によると、今後も企業のテレワーク継続が求められていることが明らかに。同社では、緊急事態宣言の発令後に急遽テレワークの導入に踏み切る企業が増加し、各企業のテレワークへの取り組みや、新たな課題が見えるのではないかと考え、同社プラットフォームを利用する会員に再度アンケート調査を実施した。同調査の結果は、次のとおり。

テレワークの利用は約2ヵ月で3.4倍の40.9%に

 テレワークが推奨されはじめた3月に実施したアンケートでは、「テレワークを利用している」と回答した企業は全体の12.1%にとどまったが、今回5月の調査ではその約3.4倍の40.9%と大きく増加した。

 また、テレワークの導入時期については「今年の4月以降から導入している企業」が62.4%と、緊急事態宣言を受け、急遽導入した企業が多かったという結果となった。

今後のテレワーク継続利用は課題の解決次第との声も

 テレワーク利用中の回答者に対し「今後もテレワークを利用したいか?」と質問したところ、92.3%が利用に前向きな結果に。その一方で、半分以上の回答者から「課題が改善されれば利用したい」との声もあり、準備・制度が整っていない状態でテレワークを導入するには多くの課題が残ることがわかった。

 また、「直接会話ができないことによるコミュニケーション不足」や、「自宅のネットワーク環境の整備」、「光熱費の負担」といった、会社としてのルールが定められていないままテレワークを実施したことによる不満の声も多く寄せられた。

依然として「紙の業務」「コミュニケーション不足」がネックに

 「テレワークを利用して感じた課題」を質問したところ、1・2位は3月に実施したアンケートと同様の、「プリンタやスキャナがなく、紙の書類のやり取りができない(50.9%)」、「書類が持ち出せず、作業が進められない(44.5%)」に。次いで3位は「チームや同僚・部下の仕事の進捗が確認できない(36%)」、4位は「社内の報告・連絡・相談がうまくできない(35.6%)」となり、今後のテレワーク継続には、これらの課題解決が急務になると見受けられる。

緊急事態宣言発令前後のテレワーク導入時期の違いで課題感や継続利用に意識の差

 また、調査を分析していくと、4月以降のテレワーク利用者の急増により、「緊急事態宣言の発令後、急遽テレワークを導入した企業」と「緊急事態宣言の発令前から、すでにテレワーク導入の社内制度が整っている企業」との間で、テレワークという働き方に対する課題感や今後の継続利用に対する意識の差が存在する調査結果となった。

 しかし、新たにテレワークに取り組んだ人々からも「通勤のストレスがなくなった」「働き方に多様性が出た」「効率を上げて成果に変える方法を模索したい」といった、テレワークを新たな働き方として定着させ、継続することに好意的な意見が多くあげられた。

調査概要
  • 調査対象:全国の「BtoBプラットフォーム」ユーザー
  • 調査方法:ウェブアンケート
  • 調査内容:テレワーク利用に関するアンケート
  • 調査期間:2020年5月11日~13日
  • 回答者:2,756人
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1599 2020/06/16 06:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング