SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine Day 2019 Summer(PR)

営業マネージャーがSales Techで変えるべき「3つの習慣」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

商談ステージ設計では顧客を主語にすることが重要

 では、ファネルのかたちを決める商談ステージはどのように設計すればいいのか。セールスフォース・ドットコムの場合、「案件の可能性があるか」「課題の認識を(お互いに)合意しているか」「変化に(お客様が)メリットを感じているか」「意思決定者を含め、(お客様が)会社の問題として認識しているか」「今後の進めかたや体制の合意はあるか」「金銭面の合意はあるか」「書類の取り交わし」の7つに加え「受注、商談完了」の8つで管理しているという。

 

 間違えてはならない商談ステージ設計でのポイントは「顧客の購買プロセスに商談プロセスを合わせること」にある。仮に自社の視点から「見積書の発行」を商談ステージのひとつに決めたとしても、途中の商談で見積もり条件は大きく変化する可能性が高く、受注確度の判断材料にはなり得ない。独りよがりにならない事実ベースのパイプライン管理を実現するには、主語を顧客にして商談ステータスを把握することが求められる。

 秋津氏は、Salesforceの画面でデモンストレーションを行い、営業担当者の視点で案件情報の確認方法を紹介。案件ページを見れば、その案件がどのステージにあるのか、決裁者や予算の確認はできているかなど、各ステージで行うべき「成功へのガイダンス」を確認できる。次のステージに進めるための合意事項が明確なので、新人や初めて提案する製品の場合も対応ができる。

案件ページ[画像をクリックで拡大]
 
株式会社セールスフォース・ドットコム マーケティング本部 プロダクトマーケティングマネージャー 秋津望歩氏

 また、それぞれのステージの商談総額をリアルタイムに把握することも重要である。マネージャーが見るダッシュボードの画面では当月の目標達成状況を確認できる。月末までに達成が難しいとわかったとしよう。パイプラインの中身を調べれば、初回の訪問が可能な案件を発見し、挽回の計画を立てることができるかもしれない。リスクの兆候にすぐ気づくことができるのがパイプライン管理の優れたところでもある。

パイプライン管理[画像をクリックで拡大]

 さらに、リスト管理では難しい将来予測はAIが得意としている領域である。Salesforce Einsteinをパイプライン管理に使うと、案件データや担当者のデータをAIが学習し、月末の売上着地予測やフォローするべき案件のレコメンドで営業担当者をサポートしてくれる。AIを使うべき理由は、顧客とのやり取りや見込み客の開拓のような業務に使う時間を増やすためだ。セールスフォース・ドットコムが2018年4月に全世界の営業関係者に対して実施した調査結果によれば、営業担当者は時間の66%を付帯業務に費やしていることがわかった。AIはその付帯業務を効率化することに役立つ。

売上予測[画像をクリックで拡大]

次のページ
ターゲティングとミーティングにも役立つSales Tech

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
SalesZine Day 2019 Summer連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永裕子(トミナガユウコ)

IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタント...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/712 2019/08/26 11:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング