SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine内の「顧客と可能性を拡げる BtoBセールスの仕事」では、デジタルの可能性を信じるBtoBセールスの方々にインタビューを実施しています。顧客とともに未来の市場を切り拓くBtoBセールスパーソンたちの活躍の軌跡をぜひご一読ください。

  • 外資営業って実際どうなの? 「成長環境」「社会貢献」の視点からSalesforceの魅力に迫る

     先行きが見通せない時代に、セールスパーソンはどのようにキャリアを描くべきなのでしょうか。今回は、セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)に転職して活躍している3名へのインタビューを通し、キャリアプランの参考となる情報をお届けします。

    5243_a.jpg

  • 視座の高い顧客をチームで成長へと導く指揮者的役割 Salesforceエンタープライズセールス対談

     大手企業を顧客として営業活動を行う「エンタープライズセールス」。契約までの道のりが長く、お客様、社内問わず部門を横断して多くの関係者を巻き込む必要があるなど、難しさも多々ありながら、大きな組織にサービスが導入されることによって得られるインパクトも大きく、ある意味セールスの最高峰とも言えるだろう。そのため、経験が浅いうちから任せてもらえる仕事ではないが、大手企業のクラウド化が進む中でSalesforceではエンタープライズセールスでも積極的な採用を実施しているという。そこで今回は、同社で活躍中の早川可奈さん、宮本雅己さんのふたりに、その醍醐味や獲得できるスキル、働き方などについて聞いた。

    a.jpg

  • 経営者への提案で成長が加速!顧客のビジネスにインパクトを与えるSalesforceのコマーシャル営業

     セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)の中で、中小企業に対してCRMを中心とする同社製品を提案し、定着への伴走支援も行う「コマーシャル営業」。同営業部門では、同社の製品やノウハウがいかにして顧客企業のさらなる成長を実現するかといった観点で日々顧客と向き合っている。コマーシャル営業のやりがいやチームのビジョンについて、部長の藤井勇さんと、アカウントエグゼクティブの竹内雄平さんにうかがった。

    4090_a.jpg

  • 新たな市場開拓とキャリアの成長 Salesforceのエンタープライズセールスで挑めるチャレンジとは

     セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)の中で、化学業界のクライアントを担当する「エンタープライズ製造営業第一本部 第五営業部」。製造業界の大手企業に対する新規開拓をメインに行う同営業部では、顧客企業との信頼関係を築き、経営課題にも伴走するような「共創型」の営業活動が確立されている。エンタープライズセールスのやりがいや楽しさ、チームのビジョンや働き方について、部長を務める大内詩子さんと、2021年に入社し、大手化学メーカーを担当するシニアアカウントエグゼクティブの木村いづみさんにうかがった。

    3850_a.jpg

  • ミッションは「地域全体の活性化」 Salesforceで得られる支社営業ならではの魅力とは

     セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)の中で首都圏以外の地方都市のクライアントを担当する「支社営業(リージョンチーム)」。同社の今後の成長の鍵であり、重要な投資領域でもある地方エリアで、営業はどのように活躍しているのか。「リージョンビジネス」の醍醐味やビジョン、働き方について、東日本エリアの営業チームを率いる米田達二さんと、コロナ禍の2021年に入社し現在北海道~東北地域を中心に担当するアカウントエグゼクティブの松岡達郎さんにうかがった。

    3561_a.jpg

関連記事