SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

今、自社サービス・商材のニーズがある企業にアプローチする──。
理想とも言うべき顧客起点の営業を、ウェブ検索やCRM/MAなどの膨大なデータと、それを解析するテクノロジーで可能にする。それが「インテントセールス」です。
特集「新時代の営業術『インテントセールス』」では、従来の営業とインテントセールスの違い、実践事例についてインタビューしました。机上の空論でも理想論でもない、実現可能な「顧客起点の営業」を目指す方は必読です!

新着記事

  • “今”自社を求めている顧客に出会える──顧客起点で成果を出す、新たな営業術「インテントセールス」

    「売り手主導」から「買い手主導」の時代となりつつある今、顧客のニーズや興味関心を的確に捉えることがこれまで以上に求められています。従来、その技術はトップセールスのみが所有するものだとも考えられてきました。これに対して、顧客の興味関心を“インテントデータ”というファクトで捉え、誰でも成果を出せる仕組みとして注目されているのが、新時代の営業術「インテントセールス」です。今回編集部では、Sales Marker 取締役 COO 兼 インテントセールスコンサルタントを務める荻原さんに取材を実施。「インテントセールス」とは何か、どのような世界観を生み出すのか、話をうかがいました。

    5448_a.jpg

関連記事