SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

SFDC、日立ハイテクのDXを支援 営業部門・サービス部門・品証部門をSalesforceで連携

2019/08/22 08:00

 セールスフォース・ドットコムは、日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)におけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)プロジェクトの一環として、営業部門、サービス部門および品証部門をつなぐ取り組みを支援したことを発表。

 日立ハイテクは今回、新たにサービスセンター向けプラットフォームであるSalesforce Service Cloud(以下、Service Cloud)を導入。すでに営業部門で導入済みのSalesforce Sales Cloudと連携させることで製品購入からアフターサービスに至るまでの一連の顧客体験を改善した。

 製品開発、営業、サービスなど部門間の連携の強化によって、品質管理情報の共有ができ、製品の故障や問い合わせに対し、誰がどのような対応を行っているかを瞬時に把握できるように。また、顧客からのフィードバックや故障した経緯などのデータを分析することで、品質問題の芽を早期に発見するとともに、新たな製品開発やより良いサービス保守体制に反映させることが可能になる。

 セールスフォース・ドットコムでは、上記製品群に加え、導入後の成功支援サービスであるSalesforce Success Cloudを通じて、日立ハイテクのDXを製品・サービスの両面で引き続き支援していく予定。なお、日立ハイテクはMAとしてSalesforce Pardot、販売代理店向けコミュニティサイトとしてSalesforce Community Cloudも導入済み。

 また、本プロジェクトの支援にあたって、セールスフォース・ドットコムが提供するイノベーションプログラム「Salesforce Ignite(セールスフォースイグナイト)」が採用された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5