SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

安否確認サービスなど提供するトヨクモ、MAツール「SATORI」導入で問い合わせ件数が5倍に

2019/08/20 12:00

 マーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「SATORI」を提供するSATORIは、安否確認サービスやサイボウズkintoneなどのクラウドサービス間を連携させたサービスの提供を行うトヨクモの「SATORI」導入事例を公開。

 

 「SATORI」の導入・活用により、当初は月30件ほどだった問い合わせが現在では月150件ほどを獲得でき、問い合わせ件数が5倍になったという。さらに、トライアルの申し込み件数も、月60〜80件の獲得をコンスタントに実現している。

「SATORI」選定理由

  • 日常的に利用しているサイボウズ社の業務アプリである「kintone」との連携が可能
  • 比較検討していた他社MAツールの3分の1で利用できる費用感
  • マニュアルを見なくても、メール配信やシナリオ設定などの機能を使いこなせる操作性やUI

活用イメージ

  • 新規獲得リードへのステップメール配信によるトライアル申し込み誘導
  • ホットな見込み顧客を検知し、架電タイミングをコール担当者へ通知
  • ポップアップ機能活用で、特定のウェブ行動を満たした見込み顧客を適切なコンバージョンポイントへ誘導
  • 見込み顧客のウェブ行動データを活用した営業トーク内容のチューニング

 トヨクモ株式会社マーケティング本部の平山翔太氏は以下のようにコメント。

 「『SATORI』導入後には、資料請求からステップメール、セミナー参加を経てトライアル、といった良い流れが生まれています。セミナーや展示会で獲得したリード情報も、まずは『SATORI』に登録して、ステップメールでフォローしながら、ホットになったものを営業に通知して架電するようにしたことで、当初の目的の通り、獲得した見込み顧客との継続的なコミュニケーションを効率的に行うことができるようになったと感じますね」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5