SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

USEN-NEXT HOLDINGS、1ヵ月間の「テレワーク・デイズ2019」への参加を発表

2019/07/12 16:10

 USEN-NEXT HOLDINGSは、「テレワーク・デイズ」に「実施団体」として参加することを発表。

 テレワーク・デイズとは、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都および関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開している取り組み。2017年(7月24日のみで実施)には約950団体、6.3万人、2018年(7月23日~27日の5日間実施)には1,682団体、延べ30万人以上が参加した。2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして、7月22日~9月6日の約1ヵ月間を「テレワーク・デイズ2019」実施期間と設定し、テレワークの一斉実施を呼びかける。

 USEN-NEXT GROUPでは、働き方改革の一環として、昨年6月より「Work Style Innovation」と名づけた人事プロジェクトを行っており、コアタイムのないフレックスタイム制度やテレワーク勤務制度といった新制度を導入し、より効率よく働くことができる会社を目指している。今回、テレワーク・デイズに参加するのを機に、グループ全社員のテレワークを奨励していく。

 また、グループ事業会社の株式会社 USEN ICT Solutions(特別協力団体、応援団体)とUSEN Smart Works(実施団体、応援団体)もテレワーク・デイズに参加し、テレワークを始める企業に両社のノウハウや目的にあったITサービスのご紹介とキャンペーンを行う。

 また同社は、テレワーク・デイズに参加したいが、「予算がない」「ツールを持っていない」という企業に対して、自社商材「USEN GATE 02」で提供するサービスの無料貸し出しを行う「テレワーク・デイズにみんなで参加しよう!」キャンペーンを実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5