SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

営業部門の作業負荷状況の把握など NEC、「働き方見える化サービス」強化し販売開始

2019/03/28 15:00

 NECは、企業の"働き方改革"に向けて、業務の現状把握や改善策を策定するために、その業務や工数を可視化できる「働き方見える化サービス」を強化し、本日より販売活動を開始。

 今回の強化では、利用者の負荷を軽減する操作の簡易化や、各種ウェブサービスの使用履歴ごとにデータ収集が可能になるなど、利便性向上およびより詳細に作業内容の把握ができるようになった。

  これにより、営業部門やシステム部門では作業負荷状況の把握、事務処理部門では繁忙期や業務ごとの負荷状況の確認など、従来、ヒアリングや経験に頼っていた領域においても、データによる"働き方見える化"環境を提供する。

  企業では、2019年4月の働き方改革関連法案施行に伴い、労働時間管理、残業時間削減の責任が厳格化され、時間外労働時間の上限や労働時間の管理方法などを明確化する必要がある。

  また、企業において適正な労働時間を実現するためには、管理するだけではなく、問題のある働き方を変えていくために、まず、現状の課題を把握し、必要な改革や方向性を導き出すことが求められる。

  NECは、「働き方見える化サービス」で業務・勤務内容を可視化しながら、課題抽出・改善策の策定を支援し、企業の業務効率化・生産性向上に貢献する考え。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5