SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Summer

2022年7月26日(火)13:00-18:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

電子帳簿の受け取りと管理でツール使い分け、63.6%が情報漏洩リスクを実感/ウイングアーク1st調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ウイングアーク1stは、100億円以上の売上の企業に所属し、請求書関連業務に携わる会社員522名を対象に「企業間取引の電子化に関する実態調査」を実施。その結果を発表した。

  • 調査概要 :企業間取引の電子化に関する実態調査
  • 調査対象: 100億円以上の売上の企業に所属する請求書関連業務に携わる会社員
  • 有効回答数:522名(建設業106名、製造業107名、情報システム・ソフトウェア業105名、金融・保険業105名、卸売り・小売業99名)

    ※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない

  • 調査期間:2022年6月1日~6月6日
  • 調査機関:ウイングアーク1st調査(調査委託先:株式会社IDEATECH)
  • 調査方法:オンラインアンケート
  • 企画:ウイングアーク1st

調査結果

 請求書や契約書など自身が関わっている社外取引において、どの程度電子化が進んでいるかたずねた。「完全電子化」が5.2%、「ほぼ電子化(80%以上)」が21.6%、「ある程度電子化(50%以上80%未満)」が31.2%という結果になり、58%の企業が、社外取引において電子化が進んでいると回答した。

 請求書や契約書など自身が関わっている社外取引において、これまで使用したことがあるデジタルツールまたはクラウドサービスは何種類程度かたずねた。「2~5種類」が36.8%、「6~9種類」が9.2%という結果になった。

 請求書や契約書など自身が関わっている社外取引において、現在の使用ツールは散在していると思うかどうかたずねた。「とても散在している」が12.1%、「やや散在している」が39.8%という結果になり、計52%がツールの散在を感じていた。ツールの散在による不便な点として、フリーコメントによる回答は次のとおり。

  • 情報の連携ができていないためアナログ作業になりミスが頻発する。
  • 探しものがみつかりにくい。
  • 複数のツールの使い方を覚えなければならない。
  • システムごとにサインインするためパスワード管理が煩雑。
  • 部門ごとに数字の把握が出来ていない。

 請求書や契約書など自身が関わっている社外取引において、電子帳票を保管・管理するツールは受け取りツールと同一かどうかたずねた。「同一である」が28.7%、「異なるツールを使用している」が44.8%となった。

「異なるツールを使用している」と答えた回答者に、異なるツールを使用していることで、社内の文書管理・確認業務の効率が悪いと感じたことがあるかたずねた。「かなり感じている」が34.6%、「やや感じている」が46.2%という結果になり、計80.8%が、効率の低下を実感していた。

「異なるツールを使用している」と答えた回答者に、異なるツールを使用していることで、文書管理面で情報漏洩リスクが高まると感じたことはあるかたずねた。「かなり感じている」が19.2%、「やや感じている」が44.4%という結果になり、計63.6%が情報漏洩リスクの高まりを実感していた。

 企業間取引における業務でログ/行動履歴が追えない経験があるかたずねたところ、「何度もある」が29.3%、「1~2回程度ある」が26.6%という結果になり、半数以上がログ/行動履歴が追えない経験があることが明らかになった。

 ログ/行動履歴が追えない経験が「何度もある」「1~2回程度ある」と答えた回答者に、企業間取引における業務でログ/行動履歴が追えず、内部統制にリスクを感じたことがあるかたずねた。「かなり感じている」が26.4%、「やや感じている」が61.6%という回答になり、88%が内部統制面でリスクを感じていた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/3646 2022/07/04 05:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年7月26日(火)13:00-18:05

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング