SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

レブコムがCPO職を新設 元マッキンゼー&カンパニー・元Googleの重城聡美氏が就任

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 RevCommは、2021年10月1日の組織改編によりCPO(Chief Product Officer/最高プロダクト責任者)職を設置し、初代CPOに重城聡美氏が就任したことを発表した。

 

 コロナ禍により、電話営業やコールセンター業務のみならず通常の会議などでもオンラインによるコミュニケーションの場面が増加した。こうした流れは、日本にとどまらず海外でも急激に拡大している。

 同社が提供するMiiTelの技術にこれまで以上に変革をもたらすべく、コミュニケーション解析のユーザビリティ向上、異なるシチュエーションへの対応、グローバル化推進、さらなるプロダクトの価値向上を図る必要がある点から、新たにCPO職を設置。これまでプロダクトオーナーを務めてきた重城聡美が就任する運びになった。

CPO 重城聡美氏のコメント

 これまでもプロダクトオーナーとして良いプロダクトづくりを推進してまいりました。多彩な経験を持つメンバーの集うRevCommで、今後も、私たちが描いている「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」というミッションに向けて、チームで一丸となって邁進していきます。

CPO 重城聡美氏の経歴

 東京大学工学系研究科 修士課程修了後、マッキンゼー&カンパニーにて大手クライアントの経営課題解決に従事。Googleのアメリカ本社や、イギリスFinTech企業のシンガポール支社にてプロダクトリード、プロダクトマネージャー職に従事。出産・育児を経て2020年7月にRevCommに参画。プロダクトオーナーとしてプロダクトの価値向上を支える。INSEAD MBA修了。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/2889 2021/10/06 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング