SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

転職成功者の平均年齢は32歳、調査開始以降最高齢に 20代の転職先は「営業系」が最多/パーソル調査

2021/02/24 05:00

 パーソルキャリアは、2008年~2020年の期間にdodaエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約24万人を対象に、転職した年齢に関する調査を実施した。

転職成功者の平均年齢は32歳

 2020年に転職した人の平均年齢は32歳で、男女別では男性が32.9歳、女性が30.1歳という結果に。2019年の平均年齢と比較して、全体では31.7歳から0.3歳、男性では32.5歳から0.4歳、女性では29.8歳から0.3歳と全項目で上昇を見せ、いずれも調査を開始して以来もっとも高い年齢に。

 

転職成功者の年齢割合 30歳以上が前年比で1.4ポイント増加

 年齢の内訳を見ると、「24歳以下」が2019年の10.3%から0.9ポイント減の9.4%、「25~29歳」が2019年の39.4%から0.6ポイント減の38.8%と、20代は減少傾向がうかがえた。一方、「30~34歳」は23.2%から0.2ポイント増の23.4%、40歳以上は14.3%から1.2ポイント増の15.5%という結果に。同社は「コロナ禍の影響により、多くの業界で景気が後退したことで即戦力人材の需要が高まり、未経験者の採用が減少し30歳以上の割合が増加した」と考察した。

 

「営業系」の割合が大きい20代の転職 2019年と比較し「技術系(IT・通信)」の割合増加

 24歳以下では、「営業系」へ転職した人が26.2%ともっともも多く、前年から0.6ポイント増加した。2番目に多いのは、前年から2.9ポイント減少した「販売/サービス系」で21.2%であった。25~29歳では、24歳以下の部門と同様に「営業系」への転職が25.3%ともっとも多くなったが、前年からは1.3ポイント減少。2番目に多いのが「技術系(IT・通信)」で19.2%で、前年から4.0ポイント増加した。20代後半では、前年と比較して「技術系(IT・通信)」他項目以上に伸長し、「営業系」「販売/サービス系」「事務・アシスタント系」の割合は減少した。

 
 

「技術系(IT・通信)」への転職が最多の30代 前年からの増加幅も最大に

 30~34歳では、「技術系(IT・通信)」への転職が20%ともっとも多く、前年から2.4ポイント増加して2019年に転職した人がもっとも多かった「営業系」を追い越す結果に。2番目に多いのは「営業系」で19.2%。前年と比べ1.9ポイント減少した。

 

 35~39歳では、「技術系(IT・通信)」への転職が24.3%ともっとも多く、前年から4.1ポイント増加。2番目に多いのは、前年から0.7ポイント減少した「企画・管理系」で15.5%であった。一方、前年からもっとも割合が減ったのは「技術系(電気/機械)」の10.9%で、1.6ポイント減少した。

 

調査概要

  • 調査対象:2008年~2020年の間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約24万人
  • 調査期間:2008年~2020年


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5