SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

三菱地所がワーケーション情報の収集から予約までできるポータルサイト開設 イノベーション創出を支援

2020/07/30 06:00

 三菱地所は、新型コロナウイルス収束後の今後のワーケーション需要拡大を見据え、ワーケーション施設情報・関連自治体情報の収集から施設予約までワンストップで利用できる「三菱地所のWORK×ation(ワーケーション)ポータルサイト」を開設した。開設に際して、ワーケーションに注力している和歌山県および広島県福山市とも連携し、各自治体のワーケーション情報も掲載している。

 新型コロナウイルスの影響により、場所や時間を柔軟に選択するワークスタイルが広まるなか、人が集う「意義」が改めて問われている。同社では、2018年8月にワーケーション事業を展開しており、これまでもフレキシブルなワークスタイルに対応する商品・サービスの拡充に努めてまいりましたが、働く場における集う意義に改めて注目し、テナント企業などが抱える「生産性の向上」「社員の企業満足度向上」「人材雇用力の強化」「イノベーションの創出」などの課題解決に資するソリューションを提案するとともに、地方と都市の新たな関係を構築するべく、同サイトの立ち上げに至った。

 同サイトでは、施設予約機能に加えて、JTBと連携することにより、都心では体験できないチームビルディングのためのアクティビティやCSR活動をパッケージ化して提案する体制を整備。ワンストップで自社に合ったワーケーション旅程を構築・発注する機能も備えているという。また、自治体発信の関連情報や同社のオフィス情報総合サイトとも連携しているほか、今後は同社運営以外のワーケーション施設の情報も掲載予定とのこと。

 また、今回の同ポータルサイト開設にともない、同社は和歌山県南紀白浜のワーケーションオフィスに続き、2拠点目のワーケーションオフィスとなる「WORK×ation Site軽井沢」を開業した。

三菱地所のWORK×ationポータルサイトについて

 同サイトでは、施設予約とあわせて、都心では体験できないCSR活動もパッケージ化しており、ワンストップで自社に合ったワーケーション旅程を構築・発注することが可能。また、自治体発信の関連情報や同社のオフィス情報総合サイトとも連携しており、ワーケーション関連の最新情報が集約されているため、効率的な情報収集を行うことができる。

施設予約ページ

 掲載されているワーケーション施設の空き状況を確認のうえ、希望日程予約をサイト上から問い合わせると、「三菱地所ワーケーション事務局(JTBが運営)」につながり、交通・宿泊・チームビルディングにつながるアクティビティなども含めたパッケージ発注が可能(ワーケーション施設のみの予約も可能)。

自治体紹介ページ

 ワーケーション事業に注力sh知恵いる自治体からの最新のワーケーション情報を掲載。現在、和歌山県、広島県福山市のワーケーション情報を掲載中。

「WORK×ation Site軽井沢」について

 同社は、長野県軽井沢においてワーケーションオフィス「WORK×ation Site軽井沢」を開業。同施設は、同社のオフィス商品ラインナップにおいて「イノベーション創出特化型オフィス」として位置付けられており2019年5月の「WORK×ation Site南紀白浜」(和歌山県)に続いて、2拠点目のワーケーションオフィスとなる。センターオフィスでもサテライトオフィスでも家でもない、自然豊かな非日常空間でのリアルなコミュニケーションがイノベーション創出を促す。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5