SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

SalesZine Day 2022 Winter

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

ゾーホー、リモートワークを可能にする11のクラウドアプリケーションパッケージの無償提供を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

 ゾーホージャパンは、新型コロナウイルスの世界的な流行に鑑み、コミュニケーションや共同作業、生産性向上に役立つクラウドアプリケーションのパッケージ「Zoho Remotely」(ゾーホー・リモートリー)を、2020年7月1日まで無償提供する。

 同アプリケーションは、リモート環境下でのチームとのコミュニケーションやコラボレーション、作業の追跡、世界中の顧客へのリモートアシスタンスの提供を支援するクラウドアプリケーション。このパッケージには、オフィスワークからリモートワークに切り替えるために必要な、以下11のアプリケーションが含まれている。コスト面での懸念が不要であることに加え、管理者がユーザーの登録や権限管理を一括で行えるため、迅速な導入が可能。ユーザーもシングルサインオンですべてのサービスにログインできるため、スムーズに利用を開始できる。

 なお同アプリケーションは、ゾーホーの親会社であるZoho Corporationが今回の事態を受けて全社的にリモートワークに移行し自社ツールを活用する中で、リモートワークに必要なツールを集めたパッケージの重要性を認識。各拠点をリモートで結びながら数日間でパッケージ化し、リリースしたものである。

 各アプリケーションの詳細は、下記のとおり。

Cliq(チャット)

 1対1の個別チャット、複数人で行うグループチャットのどちらも可能。テキスト、音声通話、ビデオ通話など、必要に応じて柔軟なコミュニケーションがとれる。やりとりしているチャット画面からファイルの共有やリマインダーなどを設定でき、リモートワークの中心的なハブとして利用ができる。

Meeting(ビデオ会議)

 会議資料などのPC画面を共有しながら、オンライン上で会議を行うことができる。音声のみの通話も、お互いの表情を見ながらのビデオ通話も可能。

ShowTime(トレーニング)

 オンラインでトレーニングやプレゼンテーションを実施できる。講座の企画から、プレゼン中の質疑応答の受け付け、終了後のフィードバックやアンケートまで、ひとつのツール内で完結できる。

WorkDrive(ファイルストレージ)

 個人・チーム両方のファイル管理を行い、チームメンバーとドキュメントを共有し、共同で作業することが可能。

Projects(プロジェクト管理)

 プロジェクトを立ち上げ、関連する人とタスク、課題を共有できる。どこにいてもチームと協力し、タスクの進捗状況とマイルストーンを効率的にモニタリングすることが可能。

Sprints(アジャイル開発)

 アジャイル開発に特化したプロジェクト管理を行うことが可能。独自のスクラムボードを作成し、リアルタイムのフィードバックを組み込んでプロジェクトを進めることができる。

Assist(PCサポート)

 安全なリモートセッションを通じて、遠隔地のパソコンのサポートを行うことができる。

Lens(遠隔サポート)

 スマートフォンのカメラを通して、顧客が見ているものを確認しながら、遠隔地のパソコン上からサポートを提供することができる。画面上をクリックして分かりやすい説明を追加したり、AR技術でより深い知見を得ることが可能。

Writer(文書作成)

 文書を作成、共有、編集できます。パソコン、スマートフォンを通じてどこからでも共有されたドキュメントにアクセスし、作業することが可能。

Sheet(表計算)

 スプレッドシートを管理し、高度な機能を用いてデータを分析可能。情報をわかりやすく視覚化して同僚へ提示し、同じ認識へと導く。

Show(スライド)

 リモートワーク中でも、複数の関係者とスライドを共有しながら作業することにより、質の高いプレゼンテーションを作成できる。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/1310 2020/03/18 13:45

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年1月25日(火)13:00-17:05
2022年1月26日(水)13:00-17:05

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング