SalesZine(セールスジン)

注目テーマ

コンカー、タクシー配車サービス「DiDi」とのサービス連携を開始 精算業務の効率化へ

2019/12/12 17:20

 出張・経費管理クラウドのリーダーであるコンカーは、DiDiモビリティジャパンとのサービス連携を12月7日より開始したことを発表。

 コンカーでは、外部サービスとAPI連携し、経費支払・管理に至る一連のプロセスのキャッシュレス化、効率化を実現する「SAP Concur App Center」のサービス拡充を推進している。

 DiDiは、AIによる高度な分析テクノロジーを活用し、日本のタクシー配車の最適化と実車率向上を実現、これまでにない移動体験の提供を目指している。DiDiのモバイルアプリでは、タクシーの配車や、クレジットカードを紐づけることによるキャッシュレス自動支払いが可能。

 今回、DiDiとConcur Expenseが連携することで、DiDiのモバイルアプリでキャッシュレス決済されたタクシー代の利用明細と電子領収書は、自動でConcur Expenseに連携される。これにより、経費精算の際にタクシーの乗車区間や金額・日付などを入力する必要がなくなり、経費精算に掛かる時間を大幅に短縮、業務効率化につなげる。

 コンカー 代表取締役社長 三村真宗氏は以下のようにコメント。

 

 「日本企業の生産性向上のためには、ビジネスにおけるキャッシュレス決済を推進することで、経費利用における無駄を撤廃することが重要であると考えます。今回、ビジネスパーソンの間で広く利用されているDiDiモビリティジャパン様とのサービス連携を通じて、日本のビジネスパーソンを従来の経費精算業務から解放し、本業に集中できる環境づくりをご支援し、ひいては日本企業の成長戦略に貢献できるよう、努力してまいります」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5