SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス

トップ営業スタッフは「契約をとるコツ」を話したがっている?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 トップ営業スタッフになるのか、それとも苦戦し続けるのか──その差は、「結果を出すコツを知っているかどうか」でしかない。「そうかもしれないが、コツはかんたんに教えてもらえるものではない」と思うかもしれない。しかし、実際は少し違う。意外なことにトップ営業は“コツ”を人に教えたがっているものなのだ。試しにあなたの会社のトップ営業に「契約獲得のコツを教えてください」とお願いしてみてほしい。喜んで教えてくれることだろう。そのヒントをきっかけに一気に成績が上がることもよくある。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

トップ営業は契約獲得のコツを話したがっている?

 研修先でのこと。研修が終わるとひとりの営業スタッフが近づいてきて「菊原先生、これで上手くいっていましてね。見てください」と、営業ツールを見せてきた。私がいろいろ質問すると、事細かに教えてくれる。この事例をブログで紹介しても良いかと聞くと「もちろんです」と快諾してくれた。なんとも気前が良い。

 この営業スタッフはトップ営業。ダントツの結果を出している。私はこのツールについてほかの営業スタッフにも教えているのか質問してみた。「誰も聞いてこないんですよ……」と残念そうな顔。おそらくほかの営業スタッフは「トップ営業がコツを教えてくれるわけがない」と思い込んでいるに違いない。非常にもったいないことをしている。

 これで思い出したことがある。ハウスメーカーの営業スタッフ時代のこと。全国のトップ営業が表彰される会に参加したことがあった。昼間は観光し、夜は懇親会が行われる。昼間は無理だとしても「懇親会になってアルコールが入れば、コツをポロっと話してもらえるのでは」と期待していた。

 そして懇親会がスタート。私は数人ターゲットを決め、機会をうかがっていた。乾杯して30分も経つと席を立ち移動する人が増えてくる。お酒も良い感じに入り、リラックスしている。するとターゲットのひとりの隣が空いた。これはチャンスだ。瓶ビールを持ちながら「群馬県から来ました菊原智明と申します」とあいさつした。

 このトップ営業スタッフはフレンドリーなタイプ。非常に話しやすい方だった。いろいろ聞きたかったが、時間は限られている。私がいちばん苦手としていた“初対面のお客様とのやりとり”に絞って質問してみた。すると、「まずは警戒心を解くことだね。スタートで少しでも売り込んだら終わりだよ」と教えてくれた。警戒心の強いお客様に対して「この場合は購入しないほうが良いですよ」と伝えるという具体的なトークも伝授してくれた。

 今までこんな発想を持っていなかった当時の自分にとって、このコツは本当に目から鱗だった。その後、営業トークに次の要素をプラスした。

  • まず警戒心を解くトークをする
  • 「これはあまりおススメしていません」と言う

 すぐに試してみたところ効果はテキメン。今までより何倍もお客様と良い関係を構築することができたのだ。これをきっかけに、その後の私の接客スタイルは大きく変わった。

 トップ営業スタッフの方からすれば私は赤の他人。初対面で、どこの馬の骨かもわからない私に対して丁寧に具体的な方法を教えてくれた。意外だったし、本当に嬉しかった。

 その後も機会があるたびに、トップ営業の方たちに質問した。多くの方が惜しげもなく教えてくれたもの。この経験から“トップ営業スタッフは契約獲得のコツを話したがっている”ことを学んだ。

 ただし、例外もあった。

次のページ
結果を出すコツを隠す営業は……?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
訪問しなくても売れる!菊原氏が営業スタッフに贈るアドバイス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

営業サポート・コンサルティング株式会社 代表取締役 菊原智明(キクハラトモアキ)

群馬県生まれ。大学卒業後営業の世界へ。「口ベタ」、「あがり症」に悩み、7年もの間クビ寸前の苦しい営業マン時代を過ごす。その後訪問から”営業レター”に手法を変えたことで4年連続トップの営業マンに。2006年に独立、講演活動、研修を行っている。2010年より関東学園大学にて学生に向け全国でも珍しい【営業の授業】を行い、社会出てからすぐに活躍できるための知識を伝えている。2019年までに56冊の本を出版。ベストセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/5714 2024/04/02 07:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング