SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

SalesZine Day 2024 Winter

2024年1月25日(木)10:00~16:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

Sales Tech ホットトピックス(AD)

個人と組織の成長が重なるダイナミズムを体感! 「楽楽精算」営業チームを強くする"ロジカルな風土"とは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight

時間ではなく「質」「行動量」を評価する風土

――単なる成果だけでなく、「営業パーソンとして成長すること」が、メンバーの方々の大きなモチベーションになっていることがうかがえます。

名和 そうですね。成長意欲が高い方は当社の仕事を楽しめると思いますし、成果を上げてやりがいを感じながら活躍いただけるかと思います。 「楽楽精算」が所属する経費精算のITソリューション市場は、製品としてのライフサイクルで言えば、「すでにニーズが顕在化している層には行き渡り、インバウンドだけでは契約につながらない」――新たな挑戦の局面を迎えようとしています。とはいえ、行き渡ったと言えど10万社以上のターゲット企業の中でようやく1万社に到達した段階です。むしろここからが本番であり、正念場であると感じています。

 いかにして課題に自覚的でない潜在層にアプローチし、「経費精算の効率化が会社を活性化する」ことに気づいてもらえるのか。営業活動にもいっそうの工夫が求められているフェーズです。

 このチャレンジングな状況に対する印象は人それぞれで異なってくるかとは思いますが、少なくとも、組織としてこの目標を達成するための環境は用意できているつもりです。 また、会社としてライフワークバランスを重視していることもあり、残業や休日出勤ありきで数字を獲得する人は高い評価を得られません。裏を返せば、限られた時間の中で成果を上げる人を評価する組織です。

 時間に制限がある中でも目標を達成するために、どのようなスキルを習得・実践し、成長すれば良いのか――社内の誰もがそれらの点を念頭に働いているため、成果を出すうえで長時間働くことを前提として入社する方は苦労するかもしれません。量をこなすことも大切ですが、目を向けるべきは時間以上に行動量です。限られた時間の中で、質・量ともにこなせている営業パーソンの伸びしろは計り知れません。

 

――逆に、ラクスの「楽楽精算」の営業部門でやりがいを感じながら活躍できるような営業パーソン像を教えてください。

名和 「常に考え続ける人」でしょうか。自分と他者、過去の自分と現在の自分など、それぞれの「差分」を客観的に捉え、良い点と悪い点を判断し、改善のPDCAを回せる方が活躍できる会社であると考えています。また、今後そうしたスキルを身につけたいと考える人がしっかりと力をつけられる環境であるとも感じます。

「5年後、どのようなビジネスパーソンになっていたいですか」「その実現のために、経験以外に何が足りないと思いますか」――これは、私が採用面接の際に必ず投げかけるふたつの質問です。目指す未来との差分をどのようにして埋めていくのか。具体的なイメージを持っている方は、当社との相性は良いはずです。

 ラクスは上場から5年以上、市場変更からは1年が経過しました。業績が安定した企業として、「チャレンジ気質が薄れてきているのではないか」と懸念する声を耳にすることもあります。しかし、上場や市場変更はむしろ新たなスタートでしかありません。日本を代表する企業になることを目標に、「どうしたらそこに到達できるのか」「そのためには何が必要なのか」を考える。そして、明確なミッションを軸に試行錯誤を続け、成果を出し続ける。これは組織全体としての姿勢のお話ですが、これまで解説してきた「個人の成長アプローチ」となんら変わりがないのです。個人と組織の成長が重なるダイナミズムは、まさにこれから体感できるものであると確信しています。

 私自身の経験を踏まえても、転職は大きな勇気を要する一大イベントです。しかし、かつての私のように 「自分が今いる環境で、どこであっても通用するビジネスパーソンになれるのか」不安を感じている方はぜひともラクスの門戸を叩いてみてほしいです。

ラクスでは事業拡大のため採用を強化しています!

オンラインでカジュアル面談や説明会を実施していますので、ラクスにご興味のある方はお気軽にご参加ください。

次のページ
入社して、真のPDCAサイクルの実践を学んだ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
Sales Tech ホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ビジネスやIT系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
  • eight
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/article/detail/3257 2022/03/10 11:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年1月25日(木)10:00~16:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング