SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のSalesZine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

直近開催のイベントはこちら!

企業の競争力を高める「営業DX」とは? 日本の営業組織の未来を探る powered by SalesZine

2024年4月18日(木)14:00~15:30

常に高い売上目標を達成し続けなければいけない営業組織。先行きの見通しが立たない時代においても成果を挙げるためには、過去の経験にとらわれず、柔軟に顧客や時代に合わせて変化し続けなければなりません。変化に必要なのは、継続的な学びであり、新たなテクノロジーや新たな営業の仕組みは営業組織の変化を助け、支えてくれるものであるはずです。SalesZine編集部が企画する講座を集めた「SalesZine Academy(セールスジン アカデミー)」は、新しい営業組織をつくり、けん引する人材を育てるお手伝いをします。

お申し込み受付中!

SalesZine ニュース

退職検討者の不満・悩み1位は「自身のキャリアの将来性」/ビズリーチ調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ビズリーチが運営するHRMOS WorkTech研究所は、ビズリーチを利用するビジネスパーソンの中で過去に退職を検討したことがある人を対象に「退職の検討理由や企業の人事制度に関するアンケート」を実施した。

調査概要

  • 調査名:HRMOS WorkTech研究所「退職の検討理由や企業の人事制度に関するアンケート」
  • 対象:即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を利用中の会員
  • 調査期間:2023年9月11日~9月17日
  • 有効回答数:643件

※回答率は端数処理の関係で合計が100%にならない場合がある

退職検討者の在籍企業に対する不満・悩みの1位は「自身のキャリアの将来性」

 調査の結果、退職検討者の在籍企業に対する不満や悩みとしてもっとも多かった回答が「自身のキャリアの将来性(54.0%)」で、「給与・賞与(32.2%)」よりも多いことがわかった。社内でのキャリアビジョンが見えずに退職を検討する傾向が見受けられる。

 退職検討時の具体的な不満・悩みとしては、「キャリアを考慮に入れない人事異動(メーカー/営業)」「新しい環境でチャレンジしてみたい(IT・インターネット/IT技術)」など、自身のキャリアの将来性についてのコメントが多くあった。

 一方、従業員は在籍企業での人事異動によって、転職以外の方法での新たなキャリア形成を行うケースがある。「企業が人事異動・配置を行う際に、従業員としてどのような項目を重視してほしいか」という点において、78.2%が「スキル・経験」を、60.7%が「異動希望・キャリアの展望」を重視してほしいと回答し、自身のキャリアの将来性をふまえた人事異動を希望していることが推測される。

78.6%が社内公募の制度を利用したいと回答するが、運用に課題も

 また、従業員が社内で自らの希望で異動し、キャリア形成を行う機会として「社内公募制度」を活用するケースがあり、本アンケート結果からも、従業員の78.6%が「社内公募制度を利用したい」と回答している。

 一方で、在籍企業(現職含む)に社内公募制度があると回答したビジネスパーソンに、社内公募制度の課題を聞いたところ、40.0%が「社内公募の数・種類が少ない」「気軽に応募できる雰囲気ではない」と回答した。

 フリーコメントでも「自分のスキルにあったポストがない(保険/金融システム)」「チャレンジングな業務に対する募集は少ない(メーカー/研究・開発)」「公募先の業務内容や求められるスキル、レベル感などがわかりにくい(メーカー/管理)」などといった、公募されるポジションの内容に対する課題や、「自分が応募しているのを直属の上司が知ることができ却下されるので意味がない(メーカー/研究・開発)」「出来レースもある(IT・インターネット/法人営業)」など、社内公募制度の運用における問題点を指摘するコメントも見受けられた。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
この記事の著者

SalesZine編集部(セールスジンヘンシュウブ)

編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
SalesZine(セールスジン)
https://saleszine.jp/news/detail/5467 2023/12/27 05:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

SalesZine Day(セールスジン・デイ)とは、テクノロジーで営業組織を支援するウェブマガジン「SalesZine」が主催するイベントです。 丸1日を通してSales Techのトレンドや最新事例を効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年4月18日(木)14:00~15:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング